伝説のUMA「チュパカブラ」なのか!?胸を切り裂かれた鳥60羽の変死体が発見される(ブラジル)

3月7日(水)22時30分 カラパイア

cock1

 大量のニワトリが謎の死をとげたり(関連記事)大量のヤギの変死体が発見されたり(関連記事)するたびに話題にのぼるチュパカブラ

 南米でよく目撃される吸血UMA(未確認生物)で目撃談はいろいろとあるもののその正体はいまだ謎のままなんだ。

 そんなわけでこれもチュパカブラ案件なのかどうかは分からないままに、ブラジル南部の都市・クリチバで不可解すぎる事件が発生したようなんだ。

【鶏舎の中で鳥60羽が惨殺されていた!】

 地元住民を戦慄させた事件は、クリチバのとある鶏舎の中で起こった。

 アヒルやニワトリ、ガチョウなどあわせて60羽が死亡しているのを鶏舎の持ち主が発見したのだ。

 生き残ったのはたった2羽で、死亡した鳥たちはいずれも心臓の部分が引き裂かれ、首や胸、背中にも切られた跡があった。
 
 鶏舎の持ち主はこの事件について、

最初、何が起こったのか理解できなかった。こんなこと初めてだ。2、3羽が死んでいるんだったら犬の仕業かな?と思うけど・・・60羽だからね

と語っている。

cock2

【騒がず鳴かずひっそりと殺害された鳥たち】

 さらに鶏舎の持ち主を不思議がらせたのは、人間が近寄るといつもけたたましく鳴いていた鳥たちがひっそりと殺されたことだ。

 近隣住民に確認したところ、鳥たちが殺害されたと思われる時刻に鳥の鳴き声などの騒音を耳にした人はいなかったという。

 ってことは鳥たちを殺したのは人間ではないのか・・・?もしかしたらチュパカブラなのか・・・?

 なお、次の写真2枚は地元メディアに掲載されていたもので、今回被害に遭った胸を切り裂かれて死亡した鳥が写っている。

 閲覧する際には注意してもらいたい。

cock10

cock3
image credit:Collaboration

cock4
image credit:Collaboration


References:Massa news / Ufo sightings hotspot / Mysterious universeなど / written by usagi / edited by parumo

カラパイア

「UMA」をもっと詳しく

「UMA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ