“恋人いない歴”男女平均は? 男性のほうが女性よりも長引く傾向。

3月7日(水)16時30分 ナリナリドットコム

リクルートが運営するブライダル総研は3月7日、20代から30代の未婚者2,000人、既婚者(婚約中含む)400人を対象に実施した「第1回恋愛観調査」の結果を発表した。その結果、“恋人がいない歴”の平均は男性が4.6年、女性が3.7年で、男性のほうが長引く傾向が現れているという。

この調査ではまず、20代〜30代の未婚の男女に交際経験について質問。すると、男性は65.0%、女性は75.7%が異性との「交際経験有り」と回答した。つまり、男性は35.0%、女性は24.3%が「交際経験無し」と答えている。年齢別に見てみると、男女ともに、年齢が上がるほど「交際経験有り」と答える人が増加。年齢を重ねることによって交友関係が広がり、異性と出会う機会も増えていると言えそうだ。

次に、現在恋人がおらず、過去に交際経験がある人に“恋人がいない歴”を質問すると、平均は男性が4.6年、女性が3.7年に。分布を見てみると、「10年以上」の長期と「1年未満」の短期で男女差があった。「10年以上」は男性が11.9%なのに対し、女性は6.2%。「1年未満」では、女性23.1%に対して男性12.1%。このことからブライダル総研は「“恋人がいない歴”は男性のほうが女性よりも長引く傾向がある」と分析している。


Narinari.comってどんなサイト?
http://www.narinari.com/
モバイル版:http://www.narinari.com/mobile/

ナリナリドットコム

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ