京都水族館から『桜といわしのパフェ』が爆誕 バニラアイスにイワシの生姜煮を大胆トッピング

3月10日(木)18時25分 BIGLOBEニュース編集部

京都水族館から『桜といわしのパフェ』が爆誕 バニラアイスにイワシの生姜煮を大胆トッピング

写真を拡大

京都水族館は、4月1日から6月30日まで、京都の春を表現した「春を楽しむインタラクティブアート『桜といわし』」を開催する。


「季節を楽しむインタラクティブアート」は、京都の自然美といきものが融合した四季の風景を感じることができるプログラム。第2弾となる『桜といわし』は、映像による鮮やかなピンク色の桜が大水槽のまわりの壁や床などに映し出されて咲き誇り、桜吹雪のように水槽内を泳ぐ約1万匹のイワシの群泳と調和した春らしい情景を楽しむことができる。


館内の「ハーベストカフェ」には、プログラムの期間中「桜といわしのパフェ」が登場する。「桜といわしのパフェ」は、イワシの生姜煮を大胆にトッピングしたパフェで、価格は550円。奇想天外な見た目とは裏腹に生姜の風味とバニラソフトの甘さのハーモニーが絶妙だという。このほか、京都水族館から徒歩3分の「京野菜レストラン梅小路公園」では「桜といわしのジェノベーゼ」を提供する。


春を楽しむインタラクティブアート『桜といわし』


春を楽しむインタラクティブアート『桜といわし』


春を楽しむインタラクティブアート『桜といわし』

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

水族館をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ