【3.11】震災直後と5年後を比較した定点観測 — 消えたもの、放置されたもの…復興の現状とは?

3月10日(木)7時0分 tocana

イメージ画像:Thinkstockより引用

写真を拡大

 未曾有の天災、東日本大震災から早くも5年がたとうとしている。約1万6千人の死者を出した大津波、それに続く1986年のチェルノブイリ以来最悪の原発事故はいまだ完全な収束を迎えていない。避難指示区域に指定された区域では残された施設がまるで廃墟のように佇んでいる。福島県の発表では、震災直後に約47万人いた避難者数は、翌年2012年4月に約34万4千人となり、今年1月時点では約18万人まで減少したという。

 被災地の現状は海外でも高い関心が寄せられているなか、イギリス・デイリーメール紙は2011年に撮影された写真と今年に入ってから同じ場所を撮影したものを掲載し、比較している。

【写真はコチラから→http://tocana.jp/2016/03/post_9054.html】


■宮城県、名取市

 東日本大震災の津波の様子を捉えた写真は数知れないが、なかでもこの写真に津波に恐ろしさを覚えた方は多いのではなかろうか。名取市は農業が盛んなのどかな街で震災直前のデータによれば世帯数26,433名、人口73,502名。東日本大震災によって最大震度6強の地震が襲い、平成24年10月1日段階で死者数911人、行方不明42人という被害を出している。

 2016年に入ってから撮影された写真。海岸線に沿って植えられていたクロマツの防災林は消え、そのかわりに海岸堤防が広がっている。画面下のレンタカー屋は同じ位置で営業している。津波浸水域に再生住宅を作るための盛り土が積み重なっているのが分かる。ただ、多くの人は同じ地には戻らない選択をしているという。写真中央にあるコンテナボックスらしきものが同位置にあるように見えるが、そのまま放置されたものなのであろうか。

 同じ名取市の別地点。写真右中央に同じ建物があるのが確認できる。津波は何波も押し寄せ、その後発生した二次災害によって亡くなった方も多数いる。夜の漆黒の海に炎が浮かぶ様子は忘れられない。


■岩手県、陸前高田市

 左が震災直後の写真で右側が現在の陸前高田市上空からの写真だ。人口2万4千人の陸前高田市では、震災で1万8千人の方が犠牲となった。住宅約8200戸のうち、約半数にあたる3400戸が被災し現在でも1600世帯が仮設住宅で生活している。当面の目標は住宅再生であり、大掛かりな区画整理が行われている様子が写真からも分かる。

 陸前高田市の復興事業費は1100億円と被災地の中では最大規模だ。しかし区画整理事業の完成予定が現段階で2018年、住宅の建築はそれからだという。待ちきれない住人は他県に引っ越したり自主再建の道を選ぶなど課題はまだ山積している。すでに人口の2割は移住したという。


■宮城県、気仙沼市

 市の発表によれば 1359名の方が震災で犠牲になっている。気仙沼は漁港で有名な通りの港町であるが、震災当時商港岸壁に設置している重油タンクが津波によって倒壊し流出した重油に引火したせいで三日三晩燃え続けたという。津波によって流されてきたもので同一地点なのがわかりにくいが、写真左下の樹木が目印になるだろうか。

 漁船や瓦礫がなくなり着々と復興しているようにみえるが、これが5年の歳月を経た結果だと考えると復興の終わりはまだまだ見えないのが現実だと認識せずにはいられない。


■福島県、楢葉町

 福島県楢葉町は、福島第一原発より南に15キロの場所に位置する。原発によって避難指示がでてから町に人がいなくなった。現在でも原発事故の除染作業の拠点になっており、作業員のためのプレハブが立ち並んでいる。

 政府は去年9月に放射線量が下がり避難指示を解除したが、戻ったのは400人あまりと、全町民約7400人の5.7%ほどだ。しかもその7割は60歳以上で、20歳未満は5人しかいない。楢葉町の海岸近くには放射線に汚染された土壌が行き場なく積まれている。

 もうすぐで3月11日を迎える。あれから5年、これらの写真をみれば復興の現状が分かる。2020年に向けオリンピック事業にあちこちでビルドアンドスクラップが行われている東京だが、被災地ではまだ東日本大震災は進行形として存在していることを忘れてはならない。こうした写真がその風化を阻止してくれることを願うばかりだ。
(アナザー茂)


※イメージ画像:Thinkstockより

tocana

「震災」をもっと詳しく

「震災」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ