病院院長 エロサイト架空請求メールを妻に見られぬよう工作

3月11日(火)16時0分 NEWSポストセブン

 37才の女性看護師が、彼女が働く病院の院長の秘密を握ったとか。そのことについてある交換条件を出したという。以下は、その女性の告白だ。


 * * *

 個人病院で働いている看護師です。個人病院って先生によるのでしょうが、うちの先生の公私混同の激しいこと。


 お昼ご飯の買い出しにスーパーまで行かされるのは当たり前。飼い犬の散歩までさせられます。だけど、ひとことでも不平を口に出そうものなら、先生は猛激怒。1週間無視されてしまいます。


 そんな先生が、先日、「どうしよう、どうしよう」とオロオロしながら私に打ち明けた秘密。それはエロサイトの架空請求メールでした。


「きみ、パソコンに詳しいでしょ。この間、ちょっとだけのつもりで見たら20万だって。女房にナイショでなんとかならないか」


 すかさず「スーパーの買い物と犬の散歩はもうしなくていいですよね?」と交換条件。先生がうなずいたとたん、サクサクと対処をしてあげました。


※女性セブン2014年3月20日号

NEWSポストセブン

「架空」をもっと詳しく

「架空」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ