花粉症のサラリーマンに強い味方 花粉を水に分解する高性能スーツ

3月14日(水)17時0分 J-CASTニュース

花粉を水に分解する高性能スーツが誕生

写真を拡大

はるやま商事(本社・岡山県)は2018年3月12日、日本紳士服業界初の高機能スーツ「ハイドロ銀チタン スーツ」を発売した。

スーツから花粉症対策を



春の陽気を実感できるようになってきた中、花粉症のためマスクをつけて通勤している人が増えてきた。しかしマスクで口と鼻を覆っても、衣服に付着した花粉は目に見えないうちに室内に侵入してしまう。



はるやまは「衣服への花粉付着が気になる」「室内の花粉流入に悩まされる」といった、花粉に悩む人に向けたスーツを開発した。



このスーツは花粉・ハウスダストに含まれるタンパク質を分解し、水に変えることができる「ハイドロ銀チタン」を搭載している。ハイドロ銀チタンは、ニオイの原因となる不衛生タンパク質も分解してくれるため、花粉症対策とニオイ対策を同時にできる。



軽い着心地も魅力的だ。ニット素材を採用し、体の動きに沿って生地が 360度方向へ伸縮、スポーツウエアのような動きやすさを実現している。



また、ジャケット・パンツは家庭内の洗濯で済むので、こまめにクリーニングに出す必要もない。



カラーはネイビーとグレーの2種。サイズはY体、A体、AB体、BB体各4〜7 号を用意。価格はツーピースが6万9000円、ツーパンツが7万3000円。


スラックス、シャツも



はるやまは2月に、同様にハイドロ銀チタンを搭載したスラックス(9900円)、シャツ(6100円)を販売している。今回のジャケットと合わせれば、より強力な花粉症対策になりそうだ。



これらの商品は全国のはるやま店舗(2018 年 2 月末日時点252 店舗)で取り扱っている。

J-CASTニュース

「花粉」をもっと詳しく

「花粉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ