「漫画 君たちはどう生きるか」連続1位記録更新

3月15日(木)6時28分 ナリナリドットコム

今週発表の最新3月19日付けのオリコン週間“本”ランキング(集計期間:3月5日〜3月11日)BOOK(総合)部門では、「漫画 君たちはどう生きるか」(マガジンハウス/2017年8月24日発売/原作:吉野源三郎/画:羽賀翔一)が9週連続の総合1位を獲得。9週連続1位は2015年9月14日付けで又吉直樹「火花」(文藝春秋/2015年3月発売)が獲得していた8週連続を超え、BOOK(総合)部門の「連続総合1位獲得週数」で歴代1位となった。

なお、通算では14週目の1位に。また、週間売上は5.0万部で、累積売上を131.4万部としている。

本作は、昭和12年(1937年)に出版されて以来、数多くの人に読み継がれてきた「君たちはどう生きるか」の漫画版。主人公・中学2年生のコペル君の成長を通し、人としてのあるべき姿や人としての生き方を説く内容を漫画にすることで、若い世代にも訴求し、昨年10月30日付けから21週連続TOP10入りのロングセールス作品となっている。

なお、本作と同時発売の新装版「君たちはどう生きるか」(マガジンハウス)、岩波書店より1982年に発売された文庫版「君たちはどう生きるか」も引き続き好調で、今週付での累積売上はそれぞれ30.6万部、25.5万部を記録している。


☆「漫画 君たちはどう生きるか」担当編集・鉄尾周一氏のコメント

——オリコンBOOK(総合)ランキングで9週連続1位となり、「連続総合1位獲得週数」で歴代1位になりました。おめでとうございます。この記録を聞いて一言、お願いします。

これほどまでに多くのみなさんのご支持をいただいて、本当にうれしい限りです。読者の皆さんはもちろん、原作者の吉野源三郎さん、漫画化をOKしてくれた吉野源太郎さん、装丁の川名潤さん、素晴らしい漫画に仕上げてくれた漫画家の羽賀翔一さんと編集者の柿内芳文さん、そして二人を僕に巡り合わせてくれた今は亡き友人の原田隆さんに心からお礼を申し上げます。そして、この本に関わってくれた全ての方に感謝したいと思います。

——周り方々(友人、知人、取材対象者など)からはどのような反響がありましたか?

まさか、僕がこんな本を企画するとは思っていなかった方が多かったようです(笑)。いったい、どんなイメージなのかなあ、と思いました。

——発売当初、こんなにも愛される1冊になると思いましたか?

アイデアが浮かんだときは、もしかしたら面白い本になるかもしれない、出来上がったときは、企画した自分もとても面白いと思ったので、もしかしたら5万部ぐらい売れるかもしれない、と思いました。あまり大きな声では言えませんでしたが。でも、よもや、ここまで多くのみなさんに愛して頂けるとは夢にも思いませんでした。

——発売してから“この本の面白さ”をより実感した出来事などはありましたか?

最初は、読者から頂くお手紙の多くは、50代過ぎの男性、原作の「君たちはどう生きるか」を知っている世代の方だったのですが、発売して2か月してテレビで紹介されて以来、お母さん世代の手紙がぐっと増え、いまでは、普段手紙なんて書かないであろう10代の方からの手紙が一番多いんです。世代性別を超えて多くの方に読んでいただける本なんだなあと実感しました。

——今振り返ってみて、「ヒットの要因」もしくは「ヒットの分岐点」は何だったとお考えですか?

いっぱいあるんですが、一番最初は、丸善日本橋店の篠田店長が校正刷を見て気に入ってくれて先行発売をしてくれたこと。そして、発売後すぐににコピーライターの糸井重里さんがすぐにTwitterで取り上げてくれたこと。そして、日本テレビ系の「世界一受けたい授業」で取り上げて頂けたことが、分岐点になったと思います。

——多くの方に愛される一冊になりました。メディアミックスなど今後の展望を教えてください。

80年前の名著が、小説から漫画へと、読者が手に取りやすいパッケージにかえたことによって、これだけ多くの人に読んでもらうことができました。これからも読者の方が求めているものを、伝えやすいスタイルで届けたいと思っています。

ナリナリドットコム

「漫画」をもっと詳しく

「漫画」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ