ワインと餃子が最高に合う!鴨料理バルの大阪・梅田『オペレッタ52 』で未知なる体験を

3月15日(木)7時0分 Rettyグルメニュース

近年、美味しいお肉をお酒とともにオシャレに楽しむ肉バルのお店が人気です。


お店ごとにこだわりのあるお肉を提供し、ワインやビールなどのアルコールと合わせる、そんな自分だけのお気に入りの店を見つけたいもの。


そこで今回は、肉バルのなかでも珍しい鴨料理とワインを楽しく味わえる大阪・梅田のお店『オペレッタ52』にお伺いしてきました。


鴨料理とワインのマリアージュを楽しめるお店へ








『オペレッタ52』の最寄り駅は、西日本最大の繁華街である梅田駅。


一口に梅田駅といっても、私鉄や地下鉄で複数存在する路線の中、お店から一番近い大阪市営地下鉄谷町線「梅田駅」からの行き方をご案内します。








まずは、改札を出たら6番出口を目指します。








階段を上がり地上に出たら、目の前に曽根崎通りが見えるので左折します。








曽根崎通り沿いに、そのまままっすぐ進みます。








歩いている途中に左手には曽根崎お初天神通り商店街が見えますが、それを背にそのまままっすぐ進みます。








梅田新通交差点に着き、歩道橋がありますが上らずそのまま左折。








まっすぐ歩くと、再び歩道橋が見えてくるので、左折。








角を曲がったらすぐ左手にお店が見えました。こちらが『オペレッタ52』です。


角を曲がった瞬間、派手な外観に驚く方も多いはず。早速、その扉を開けて中に入ってみましょう。


ラグジュアリーでゴージャスな内装に釘付け!








お店に入ると、そこはもう別世界!ヨーロッパのエスプリを感じるラグジュアリーでゴージャスな空間が広がっています。


ここはどこ・・・?と一瞬戸惑いますが、お店のコンセプトは「オペラ」。オペレッタの名のとおり、オペラの鑑賞席をイメージした内装になっているのだそう。


木目調のハイテーブルもお洒落ですね。それにしてもゴージャスすぎる・・・!ここの空間にいるだけでドキドキワクワクします。








店内には半個室席もあります。デートや女子会を利用するのに最適の席です。








もうひとつ、半個室席よりさらに特別な席があります。ロフトを上がったところにあるVIPルーム席は、4名まで利用可能。1組限定で早い者勝ち!ぜひ予約してみてください。


コスパが高い!毎週テーマ毎に入替わるワイン








店名にもあるように、1年は52週。1年間ワインを毎週テーマ毎に入替えるのだそう。種類はフランスやイタリア、南アフリカなどかなり豊富で、常時8種のワインを提供しています。


上質なワインをよりカジュアルに楽しめるように、定価プラス1,000円でワインを提供していてコストパフォーマンスも高いのが嬉しいですね。


絶品!鴨餃子とワインのマリアージュを楽しむ








『オペレッタ52』の名物料理は、餃子。オペラに餃子!?


その意外な組み合わせは、敷居の高いオペラが庶民にも楽しめるオペレッタになったように、ワインをもっと気軽に楽しんでいただきたいというオーナーさんの想いから。


料理に鴨を取り入れたのは、ワインと相性がよいことから。


それに餃子を取り入れて、よりカジュアルにワインと鴨料理を楽しめるお店を目指しているのだそうです。



左:白鴨餃子6個 480円(税抜)・右:赤鴨餃子6個 480円(税抜)

左:白鴨餃子6個 480円(税抜)・右:赤鴨餃子6個 480円(税抜)




早速、名物の「白鴨餃子」「赤鴨餃子」を注文してみました。


オペレッタ52オリジナルの鴨餃子は、全ての餃子に鴨肉のミンチを使っていることが特徴です。餃子の餡を鴨肉中心にすることで、ワインとの絶妙な相性が楽しめます。








まずは、一番シンプルな白鴨餃子からいただきます。具は鴨肉のミンチの他に、玉ねぎやキャベツ、ニラにセロリとハーブが入っていて、一般の餃子とは一線を画する味。風味も良く女性にも好まれそうですね。


こちらは、酢醤油でいただくのがオススメです。








シンプルな味わいの白鴨餃子には、白ワインがよく合います。ついつい飲みすぎてしまいますね。








もうひとつの赤鴨餃子も食べてみます。具は鴨肉のミンチや野菜の他に、味噌とラー油、ごま油が加えてあります。


ふくよかでコクのある風味が口いっぱいに広がり、鴨肉との相性も絶妙!餃子そのものにしっかりした味がついているので、何もつけずにそのまま食べるのがオススメです。








赤鴨餃子には、ほんのりピリ辛の赤ワインが良く合います。さらに餃子を追加したくなりますが、ここは我慢して次の料理も楽しみたいと思います。


味もしっかり!濃厚のマグレ鴨と合鴨の食べ比べ



マグレ鴨と合鴨の食べ比べ 1500円(税抜)

マグレ鴨と合鴨の食べ比べ 1500円(税抜)




餃子の次は、「マグレ鴨と合鴨の食べ比べ 」を注文しました。


種類の違う鴨を食べ比べできるなんて、なんて贅沢!








まずは、マグレ鴨からいただきます。身がぎゅっと引き締まっていて味も濃厚ですね!赤ワインとの相性も抜群です。


マグレ鴨とは、フォアグラをとる為に栄養価の高い餌で育てられた鴨のムネ肉のことです。身の質もしっかりしていて、贅沢な気分が味わえます。








次に合鴨を食べてみます。お肉がとっても柔らかくて、脂の味わい深さもしっかり感じられますね。


鴨肉の中でも、合鴨が好きな方も多いのではないでしょうか。2種類の異なる味の鴨肉を、ぜひ好きなワインとともに合わせてみてください。


シメには塩焼きそばはいかが?



鴨ミンチと九条ねぎの塩焼きそば 780 円(税抜)

鴨ミンチと九条ねぎの塩焼きそば 780 円(税抜)




鴨料理を十分堪能した後に、シメに「鴨ミンチと九条ねぎの塩焼きそば」を注文してみました。


こちらの焼きそばにも、豚肉の代わりに鴨ミンチを入れた『オペレッタ52』オリジナルの焼きそばに仕上がっています。ここまでくると、鴨肉愛を感じずにはいられませんね。


こちらもシメに注文する方が多いかなりの人気メニュー。








ちぢれ麺にキャベツとニラとシンプルな具の構成になっています。焼きそばなのに鴨肉を食べた後は、とても軽く感じます。


美味しすぎてあっという間に完食してしまいました。


深夜3時まで営業している鴨バル


『オペレッタ52』は、深夜3時まで営業しているので、仕事帰りや2次会など様々なシーンで利用することができます。


こだわりの鴨餃子はテイクアウトも可能。お土産にも最適です。


各路線、梅田駅徒歩5分と利便性抜群の鴨バルで、ワインと鴨料理のマリアージュを味わってみませんか。



オペレッタ52



住 所
大阪府大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル ラ・オカシオン 1F

電 話
06-6948-6527













Rettyグルメニュース

「ワイン」をもっと詳しく

「ワイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ