BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

伝説の台湾青春映画「クー嶺街少年殺人事件」25年ぶりに公開

NEWSポストセブン3月16日(木)16時0分

 伝説となっている台湾の青春映画が二十五年ぶりに劇場公開される。


 二〇〇七年に五十九歳で死去したエドワード・ヤン(楊徳昌)監督の「クー嶺街(クーリンチュ)少年殺人事件」(1991年)。ホウ・シャオシェン(侯孝賢)らと並ぶ台湾のニューウェイヴの監督の代表作として高く評価され、語り伝えられながら、監督が死去したこと、また、権利関係の複雑さなどから長いあいだ劇場公開されなかった。


 その幻の傑作が、今回、初上映時より長い三時間五十六分版で甦る。


 一九六〇年代初頭の台北のクー嶺街が舞台。当時は、国民党が強大な権力を持ち、戒厳令が敷かれていた窮屈な時代。主人公の少年スーは夜間高校に通う。家族は、中国大陸での国共内戦で敗れた国民党と共に台湾に渡ってきた。いわゆる外省人。父親は公務員だが、家は決して豊かではない。


 親の世代はまだ大陸に戻る日を夢見ているが、戦後の台湾で育ったスーの世代の少年たちは、もうそんな夢は持ち得ない。国民党への帰属感もない。それでいて徴兵制があるから、いずれは兵役に就かなければならない。


 息苦しい日々のなか、少年たちは、対立するグループとの喧嘩に明け暮れる。このあたりは、直木賞を受賞した東山彰良の『流』の少年たちと重なり合う。


 スーは同じ学校に通う少女ミンと知り合う。ミンは貧しい家の娘。美少女なので少年たちの目を惹く。一見、清純そうだが、不良少年グループのリーダーの彼女だと知ってスーは驚く。しかし、それを知っていっそう彼女のことが気になる。


 少年たちの喧嘩、学校生活、家での暮しが次々に、ぶっきらぼうに描かれてゆく。夜の場面が多いのも特色。戒厳令下の時代ゆえか。少年と少女が夜の町を歩いていると、その横を何台も戦車が通り過ぎてゆく。日常生活のなかに、普通に戦争への危機感がある。


 スーの父親は、共産党との関わりを疑われ、秘密警察に連行され、取調べを受ける。職を失なうことになる。少年の暮しのなかにも、時代の厳しい空気が入りこんでくる。その息苦しさから逃がれるように少年たちはアメリカ文化に熱中する。プレスリー、西部劇、ダンス。この点は日本の戦後社会と似ている。


 学校を退学させられ、将来が見えなくなったスーは、ある夜、突発的にミンを刺してしまう。自分でもなぜか、分らないままに。台湾で実際に起きた十四歳の少年による殺人事件をモデルにしているという。


◆文/川本三郎


※SAPIO2017年4月号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード

「殺人事件」をもっと詳しく

注目ニュース
「睡眠負債」の恐ろしさ 自覚症状ないまま脳にダメージ蓄積 NEWSポストセブン6月27日(火)7時0分
毎日1〜2時間の寝不足が借金のように積み重なり、やがて“債務超過”に陥ると、がん、認知症などをはじめとする重大な疾病を発症させる。[ 記事全文 ]
社員の力で社長を辞めさせたい…そんなことって出来る? シェアしたくなる法律相談所6月27日(火)6時30分
社会問題化しているにもかかわらず、いまだに存在しているブラック企業。その多くは、自分のことしか考えない横暴な社長のめちゃくちゃな経営方針が…[ 記事全文 ]
若者にとって「批判=喧嘩を売る」という意味!? 今井絵理子参議院議員「批判なき選挙、批判なき政治」にさまざまな意見 ガジェット通信6月26日(月)20時0分
2017年6月23日に公示された東京都議会議員選挙。それに合わせて自由民主党の今井絵理子参議院議員が次のようにツイートして、波紋を広げてい…[ 記事全文 ]
日清、闇に葬った黒歴史を自ら掘り返す 攻めすぎて爆死した「黒歴史トリオ」復刻発売 BIGLOBEニュース編集部6月26日(月)12時49分
日清食品は、過去に発売したものの売れなかった「カップヌードルサマーヌードル」「日清のどん兵衛だし天茶うどん」「日清焼そば熱帯U.F.O.」…[ 記事全文 ]
アノニマスが「NASAはまもなく異星人の存在を公表する」と発表 カラパイア6月27日(火)9時0分
国際的ハッカーグループのアノニマスが、NASAがまもなく異星人の存在を公表すると主張する動画をリリースした。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 若者にとって「批判=喧嘩を売る」という意味!? 今井絵理子参議院議員「批判なき選挙、批判なき政治」にさまざまな意見ガジェット通信6月26日(月)20時0分
2 日清、闇に葬った黒歴史を自ら掘り返す 攻めすぎて爆死した「黒歴史トリオ」復刻発売BIGLOBEニュース編集部6月26日(月)12時49分
3 どこからNGでどこまでOK? 夫にされたら許せない不貞行為TOP10週刊女性PRIME6月17日(土)18時0分
4 小林麻央さんの訃報情報を垂れ流した井上公造と「親族と名乗る者」に批判殺到! 直撃取材でわかった看過できない真相tocana6月24日(土)7時0分
5 「睡眠負債」の恐ろしさ 自覚症状ないまま脳にダメージ蓄積NEWSポストセブン6月27日(火)7時0分
6 知らずに逮捕や罰金も!? 夏の海外旅行「ハワイでのNG行為」4つWooRis6月26日(月)21時0分
7 麻央さん死去めぐる「唐澤弁護士」の偽ツイート、多くの混乱を生んだその内容とは?弁護士ドットコム6月26日(月)15時15分
8 人乗れそうなレベル!世界一大きなラジコン飛行機の飛行映像カラパイア6月26日(月)16時30分
9 「アンディに父親がいない理由」『トイ・ストーリー』の悲しすぎる裏設定が発覚か? →脚本家が完全否定ガジェット通信6月26日(月)15時0分
10 マックのポテト全サイズ150円、公式アプリに期間中何度でもOKのクーポン。ナリナリドットコム6月2日(火)14時4分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア