仏像専門店「仏像ワールド」、人気の阿修羅像などを蒔絵であしらった塗り箸を限定発売

3月17日(木)8時0分 J-CASTニュース

輪島塗職人が手仕事で仕上げている

写真を拡大

仏像の製作販売を行うMORITA(埼玉県東松山市)が運営する「仏像ワールド」は、直営店の「イスム谷中店」(東京都文京区)オープン1周年を記念した仏像モチーフ入り塗り箸を、2016年4月1日に発売する。

使うのがもったいない!?




人気の仏像をモチーフに蒔絵で美しくあしらった塗り箸。「阿修羅シルエット箸 輪島本漆仕上げ」は2種の展開。価格は2400円で1か月間のみの限定販売。「十二支守り本尊箸 梵字入り 輪島本漆仕上げ」は8種で、各2700円。いずれも価格は税抜。



漆器の最高峰と名高い輪島塗職人が手仕事で仕上げた、専門店ならではの商品。仏教の教えにある「生きることへの感謝」から食べることへの感謝に着目して、箸の製造に至った。また輪島漆の箸は丈夫なことでも知られ、蒔絵などの装飾は邪気を払うと伝えられてきたという。



サイズはどちらも全長22.5センチ。イスム谷中店と仏像ワールドウェブショップで販売。

J-CASTニュース

「仏像」をもっと詳しく

「仏像」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ