なぜホストにお金を払うの?卒業するために、なぜハマるのか考えよう

3月17日(土)11時0分 yummy!

キャバクラにはまる男性と違って、ホストクラブにはまる女性は、仕事を増やしたりジョブチェンジまでしてホストに貢いでしまうことがよくあります。
「不毛だからやめたい」と思いながらも、なかなかやめられないという人も多いのではないでしょうか。
今回は、「ホストに通うのをやめたい」と考えている女性向けに、卒業するためのヒントをご紹介します。

ホストクラブでは何にお金を払っているのか


ホストクラブでは、酒屋においてあるお酒が原価の何十倍もの値段で売られています。客はお酒に対してお金を払っているのではありません。別のものを買うためにお金を払っているのです。
実際には、「ホストの気持ち」か「自分のプライド」どちらかを買うために高額なお金を支払ってしまっています。
問題なのは、どれだけ高額を支払っても、ホストの気持ちも、自分のプライドも、一瞬満たされたように感じるだけで、その一瞬後に消えてしまうことです。
実態のないものに、時間とお金をじゃぶじゃぶとつぎ込んでしまっているわけです。

なぜ、買えないものを買おうとしてしまうのか?


ホストクラブにハマる女性は、多くの場合、自分に自信がまったくありません。
でも、そのことを認めたくはないのです。「自分には力がある」「稼げる」「お金がある」「カッコいいホストに頼りにされている」そういったことを見せつけるためにお酒を下ろします。
なぜそんなことをしなければならないのかというと、そうやって見せつけ続けなければ、自分には価値がないと思われてしまうと不安だからです。
自分に自信がある人は、自慢したり見せびらかしたりしません。自分が自分の価値を一番よく知っているので、他人からどう思われるのかなんて気にならないのです。
一方、ホストクラブにはまる女性は、ホストに貢ぐことで、自分の価値を認識します。
勉強したり、地道に努力したり、過去のトラウマと向き合ったりしながら、じっくりと自信を取り戻していくのは、根気と勇気がいります。
そんな面倒なことをするよりも、シャンパンを抜けば簡単に疑似的に、「承認される私」「存在価値のある私」が手に入るというわけです。
ですが、そういった見せかけの承認はシャンパンの泡と共に消えうせます。いくら貢いでもあなたの自信の積み上げにはならないので、お金が尽きるまで、体がボロボロになるまで、幻にお金を払い続けることになります。

さいごに


今回は、ホストにハマってしまう理由について解説してきました。
自分に向き合い、コツコツと自信を積み上げていくしか、寂しさを埋める方法はありません。お金で憂さ晴らしをしたり、承認を得たりするのもたまにはいいでしょうが、終わりがないということを認識しておきましょう。
自分からは逃げられません。
逃げずに自分の心と向き合えたら、ホストクラブに全財産つぎ込むようなことはなくなるはずです。
(今来 今/ライター)

yummy!

「ホスト」をもっと詳しく

「ホスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ