デーモン閣下「激怒」のアニメキャラ、番組公式ホームページから削除

3月19日(月)20時28分 弁護士ドットコム

関連画像

写真を拡大

デーモン閣下が、NHKアニメのキャラについて「我輩の肖像が我輩になんのことわりもなく使用されている」として、肖像権侵害を訴えていた問題で、番組公式ホームページから、当該キャラが削除されていたことが、3月19日わかった。


問題になっていたのは、「ねこねこ日本史」(Eテレ)。擬人化したネコが歴史上の人物に扮しているアニメで、デーモン閣下が問題視しているのは、第64話に登場した「デーモン風高杉」だった。


デーモン閣下は3月15日、ブログで「『デザイン上「偶然」とか「たまたま」似てしまった』ではなく、名前も含めて明らかに【吾輩の姿の無断使用】である」と指摘。「悪意は無いのかも知れないが、無断で使用された事実にかわりはない」と断じて、「不快である」「心身の損害を被っている」と述べていた。


弁護士ドットコムニュースの記者が3月19日、番組ホームページを確認したところ、いったん掲載されていた「デーモン風高杉」が消えていた。


(弁護士ドットコムニュース)

弁護士ドットコム

「デーモン閣下」をもっと詳しく

「デーモン閣下」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ