BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

IS戦闘員になった英国人が、自爆寸前に浮かべた意味深な笑み! 心の闇が浮き彫りに

tocana3月19日(日)13時0分
画像:イメージ画像:「Thinkstock」より
写真を拡大
イメージ画像:「Thinkstock」より

 現在、IS(イスラム国)は崩壊しつつあるといわれる。1月末にイラクのアバディ首相は、モスル東部がISから解放されたとの声明を発表した。そしてIS幹部の多くは殺害され、支配地域も縮小しつつあるという。そして現在のISには有効な武器が不足しており、彼らが現在もっとも頼る武器は、人間を使った「自爆攻撃」なのだ。


■IS兵士として自爆攻撃を決行したイギリス人

 そんなISで決死の自爆攻撃を行った1人が、イギリス人のジャマル・ウディーン・アル=ハリス(50歳)だ。1966年にロナルド・フィドラーとして生まれ、1990年代にイスラム教に改宗、アル=ハリスと名を変えた。彼は90年代に初めてパキスタンに旅し、再び2001年に「宗教的な休暇」のためパキスタンへ向かった。そしてその数日後、米国がアフガニスタン侵攻を始めた。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/03/post_12631.html】

 数カ月後、彼はタリバンに英国のスパイと見なされて、捕らえられていたところを米国の特殊部隊に発見された。その後、悪名高いグアンタナモ捕虜収容所(以下、グアンタナモ)に送られ、2002年から2年間拘留されていた。

 アル=ハリスは一貫して自分はテロリストでないと否定し、「宗教的な休暇」のために中東に渡ったところをタリバンによって拉致されたと主張していた。その後、ブレア首相による強力な支援活動によって、グアンタナモに捕らわれていたアル=ハリスを含むイギリス人数名が2年後に解放された。

 グアンタナモで彼が守衛たちから受けた暴力について、アル=ハリスは「Mirror」紙にこう語った。「殴られることは心理的拷問ほど酷くはない。 アザはいずれ治るが、心理的なものはそのまま残る」また「最初に我々は人間としての権利を求めたが、その後は動物の権利を求めるようになった」とも証言した。


■英国政府が絡む複雑な裏があるのか……

 アル=ハリスたちがグアンタナモから解放された時、内務省大臣であったブランケット氏は、「解放された人々は英国人にとって脅威ではない」と請け合った。その後アル=ハリスたちは収容所での人権侵害に対し、英国政府から約1億4000万円もの補償金を受け取った。彼は、その金を使ってマンチェスターに大きな家を買ったという。

 しかし、釈放からわずか数年後にアル=ハリスは、再びシリアへと向かった。アル=ハリスが以前、グアンタナモにいたことを英国保安局が把握していたにもかかわらず、2014年に彼はシリアへと渡航することができたのだ。ISはアル=ハリスの自爆攻撃直後に彼をISISの戦士として認め、称える声明を出している。

 ヘンリー・ジャクソン社会保障シンクタンクのムスリムグループ専門家カイル・オートン氏は、アル=ハリスについてテロリストの幹部であり、グアンタナモから解放後すぐにトップの地位を取り戻したと考えている。オートン氏は、収容所から人々を釈放するに際しては、常にこのようなリスクを含むと警告している。

 米国当局はアル=ハリスについて米国へのテロ攻撃に関与しており、アルカイダ戦闘員と考えていた。ところがアル=ハリスが2004年に解放された時、彼はイギリスに送還され何の罪にも問われなかったのだ。下院のティム・ラフトン議員は、ブレア首相が保証してこのテロリストを英国に迎え入れたこと、そしてブレアの判断の誤りのために約1億4000万円もの補償金を国民の税金から彼に与え、シリアに逃がしたことは大いなる恥辱だと非難した。そして、アル=ハリスの過去を知っていたにもかかわらず、彼が簡単に英国を離れられたことに対して内務省は説明する義務があると訴えている。

 人の心の中は見えないが故に、テロリストかそうでないかを見定めるのは容易ではない。アル=ハリスが一体どの時点でISのテロリストになったのか、今となっては不明だ。または、これには英国政府が絡む複雑な裏があるのかもしれない。
(文=三橋ココ)


※イメージ画像:「Thinkstock」より

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「IS戦闘員になった英国人が、自爆寸前に浮かべた意味深な笑み! 心の闇が浮き彫りに」の関連ニュース

注目ニュース
5年間付き合った彼氏が「既婚者」と判明、妻に慰謝料請求されたらどうなる? 弁護士ドットコム4月13日(木)10時0分
5年付き合って、そろそろ結婚、と思っていたら彼氏が妻子持ちだと判明。妻に慰謝料を払う義務があるのでしょうかーー。[ 記事全文 ]
【衝撃動画】深海でガチで「エイリアンにしか見えない生命体」が発見される! 巨大な頭部、釣りあがった目…謎すぎる姿 tocana4月22日(土)7時30分
地球最後のフロンティア「海」。地表の70.8%を占める広大な海の底にはまだまだ我々の知らない奇怪な生物が生息しているといわれている。[ 記事全文 ]
オレンジ色に輝く6機の「UFO編隊」が出現! 移動→点滅→停止をリピートする異常事態に衝撃広がる=米アリゾナ州 tocana4月23日(日)7時30分
古今東西、数多くの目撃情報が伝えられているにもかかわらず、いまだ存在の確証までには至っていない未確認飛行物体「UFO」。[ 記事全文 ]
LINEじゃなかった…!「彼の浮気が発覚した」衝撃の実話3選 Menjoy![メンジョイ]4月23日(日)10時20分
「彼氏が浮気していないか心配……」という声は、意外と頻繁に耳にします。そのため、こっそりLINEチェックをしたり行動の矛盾点を洗い出そうと…[ 記事全文 ]
「酒気帯び運転」で事故を起こした知人の「替え玉」に…バレたらどんな罪に問われる? 弁護士ドットコム4月18日(火)10時9分
酒気帯び運転で事故を起こした知人のため、姉が「替え玉」になりましたが、どんな罪に問われるのでしょうかーー。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 安藤優子「大変痛々しい姿で……」 がん闘病中の中川俊直議員の妻を取材し土下座する姿を放送したフジテレビに批判の声ガジェット通信4月22日(土)14時54分
2 オレンジ色に輝く6機の「UFO編隊」が出現! 移動→点滅→停止をリピートする異常事態に衝撃広がる=米アリゾナ州tocana4月23日(日)7時30分
3 喫煙で痩せる…は大嘘!? タバコにまつわる「とんでもニュース」を検証Menjoy![メンジョイ]4月23日(日)12時15分
4 LINEじゃなかった…!「彼の浮気が発覚した」衝撃の実話3選Menjoy![メンジョイ]4月23日(日)10時20分
5 成功率が断然アップ!「ながら習慣ダイエット」All About4月22日(土)21時40分
6 【衝撃動画】深海でガチで「エイリアンにしか見えない生命体」が発見される! 巨大な頭部、釣りあがった目…謎すぎる姿tocana4月22日(土)7時30分
7 嘔吐や耳鳴り 医師の決めつけで重病が放置された誤診の例NEWSポストセブン4月23日(日)7時0分
8 出会い系サイトから「500万円当選」メール、お金くれないから訴えたら100万円ゲット!週刊女性PRIME4月9日(日)21時0分
9 核燃工場廃止に8千億円 原発廃炉の10倍、国民負担共同通信 47NEWS4月23日(日)2時0分
10 おわかりいただけただろうか?黒いフードを被った修道士の霊が窓際を通り過ぎる様を(イギリス)カラパイア4月18日(火)22時30分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア