BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いて」内田康夫さんが休筆発表 「孤道」完結編は一般公募へ

ねとらぼ3月21日(火)10時0分
画像:「孤道」特設サイトでは完結編を一般公募
写真を拡大
「孤道」特設サイトでは完結編を一般公募
「浅見光彦シリーズ」などで知られる作家の内田康夫さんが、“小説を書き続けることが難しくなった”として、休筆を発表しました。
 現在82歳の内田さんは、1980年に自費出版した「死者の木霊」が朝日新聞の読書欄で紹介され話題となり、1982年に「後鳥羽伝説殺人事件」で商業デビュー。多くのミステリー作品の中でも、「後鳥羽伝説殺人事件」にも登場したフリーのルポライター、浅見光彦を主人公とする「浅見光彦シリーズ」は、テレビドラマとしても人気を博しました。
 同シリーズの最新作「孤道」は2014年12月から毎日新聞で連載されていましたが、2015年の夏に内田さんを脳梗塞が襲い、左半身に残ったまひのため休載となっていました。
 未完となっている「孤道」は5月12日に単行本が出版予定で、そのあとがきで内田さんは休筆を報告しています。また、自身が「死者の木霊」を見いだされたことを振り返り、“世に眠っている才能の後押し”をするため、「孤道」の完結編を一般公募すること、そして自身も短歌という凝縮した世界でならまだ創作できるとしており、しばらくは短歌でリハビリする考えを示しています。
 なお、完結編の一般公募は3月21日に特設サイトがオープン。自身の情報発信は講談社BOOK倶楽部のWebサイト「内田康夫と早坂真紀の夫婦短歌」で行うとしています。
僕が休筆すると聞いて、浅見光彦は「これで軽井沢のセンセに、あることないこと書かれなくてすむ」と思うことでしょう。でも、どなたかが僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いてください。 (単行本のあとがきより一部抜粋、ほんのひきだしから)
Copyright (c) ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「「僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いて」内田康夫さんが休筆発表 「孤道」完結編は一般公募へ」の関連ニュース

注目ニュース
“トイレの排水で作ったビール”が話題に ナリナリドットコム3月23日(木)13時46分
トイレの排水などの下水からビールを作り、実際に販売しようというニュースが話題を呼んでいる。[ 記事全文 ]
もやし農家悲鳴…値上げ可能性に「二郎どうなる?」 R253月23日(木)11時2分
3月9日にもやし生産者協会が、もやし生産者の現実と経営環境の実態を告白した。15日にその内容が同協会HPで公開されると、もやしの値上げの可…[ 記事全文 ]
4・5・6月の残業代で社会保険料が上がる!? All About3月23日(木)12時5分
厚生年金と健康保険の保険料はどうやって決まる?給与から引かれるものは、主に「税金」と「社会保険」です。[ 記事全文 ]
「童貞を殺すセーター」がついに日本上陸! ヴィレヴァンオンラインストアで販売開始 BIGLOBEニュース編集部3月23日(木)14時9分
ユニークなグッズでお馴染みのヴィレッジヴァンガードは23日、「童貞を殺すセーター(例のセーター)」をオンラインストアで発売した。[ 記事全文 ]
妻が不倫の証拠を見つけて夫のスマホを破壊…損害賠償は出来る? シェアしたくなる法律相談所3月10日(金)22時30分
恋人や配偶者のスマートフォンをこっそり覗いたことがあるという方も意外と多いのではないでしょうか?覗いた結果、トラブルに発展しなければいいで…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア