BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

老眼鏡の正しい選び方、用途や悩み5ケースから専門家推奨

NEWSポストセブン3月21日(火)16時0分
画像:用途や悩み別に専門家が選び方を指南
写真を拡大
用途や悩み別に専門家が選び方を指南

 今やメガネ市場5087億円(矢野経済研究所調べ・2016年)のうち、3531億円を占める「老眼鏡」市場。老眼とつきあっていくなかで“強い味方”となるものだが、現在、主流となっているのは「遠近両用メガネ」だ。


 累進屈折力レンズで作られる「遠近両用メガネ」は、レンズの位置によって屈折力(度数)が変化。レンズの上部が遠用部、下部が近用部となっており、中間部分から緩やかに度数が変わっていく。複数の距離を1つのメガネで見えるようにしたものである。


 また現在は「遠近両用」だけではなく、「中近両用」「近近両用」といったさまざまな距離に対応できる老眼鏡も普及し始めている。


 これだけ細分化されていると、自分に合う老眼鏡を見つけ出すのは難しいと感じてしまう読者も多いだろう。ここからは用途や悩み別に、どの老眼鏡を選ぶべきかを解説する。


【ケース1】主に室内で手元を見る際に使用。読書からケータイ・スマホ操作まで、様々なシチュエーションを網羅したい


 手元を見るだけなら、一定の距離にだけピンとが合う単焦点レンズの「リーディンググラス」だけで事足りると考えられがちだが、リーディンググラスは40cmの距離でしかピントが合わないことが多い。そのため、別の作業をする際には無理が生じる。


 眼鏡レンズ専門店「れんず屋」の古屋和義代表がいう。


「スマホは肘を曲げて操作するので、目との距離は25〜30cmとなり、リーディンググラスだとピントが合わず、画面が見えづらい。


 スマホとの距離に合わせて、もうひとつ単焦点のメガネを作ることもできますが負担は大きい。この場合、25cmと40cmなど近くの2か所に焦点が合わせられる累進屈折力レンズの『近近両用』を推します」


【ケース2】会社での使用がメイン。パソコン操作が用途の中心だが、会議やプレゼンでプロジェクターを見る際にも対応したい


「ケース1同様、単焦点のメガネでは2つの距離にはピントを合わせられない。パソコンに対応する50cmほどの近距離と、少し離れた2〜3mの中距離でピントが合う『中近両用』がよいでしょう。かけっぱなしで室内全体を確認できるため、移動などでいちいちメガネを外す煩わしさが少なくなります」(同前)


【ケース3】外出時に使用。手元を見ることは少ないが、買い物時に値札をみたり、クレジットカード支払い時のサインなどはスムーズにしたい


 老舗眼鏡店「東京メガネ」の認定眼鏡士・我妻三朗氏のアドバイス。


「外出が多い人には『遠近両用』を推奨します。目線を下にするだけで、値札の数字などもよく見える。広くて視界を保ちながらメーターなども瞬時に確認できるため、車の運転をする人にも『遠近両用』は適しています」


【ケース4】外出時、とくにゴルフなどスポーツの際に不便なく使用したい


 これも「遠近両用」がベストの選択。アドレス時に足元のボールは、レンズ下部に視線を落とすだけでハッキリと見える。コースを歩く際はレンズ上部で遠くまで視認できる。


「ただし、普通の『遠近両用』では、スコアカードを付けるときなど距離が非常に近い場合に見えにくくなる。こういうケースではレンズ下部に、さらに近くを見るための小窓レンズが組み込まれた『遠近両用』の『バイフォーカル』というタイプを使うと便利です。


 サイクリングで自転車に搭載されたコンピュータ画面を見ながら走る人なども使っていて、スポーツ向きの老眼鏡です」


【ケース5】メガネショップで薦められて「遠近両用」の累進屈折力レンズを購入したが、遠くから近くに視線を移す際のゆがみが気になって気持ち悪くなる


「遠近両用」の累進屈折力レンズは便利な上に、老眼鏡に見えないという利点があるが、難点は“ゆがみ”が生じることだ。


「遠用と近用の度数の差を『加入度数』と呼ぶが、この数値が大きいレンズほど、ゆがみが生じやすい。初めて累進屈折力レンズを使う人は、加入度数+2D(Dは屈折力の単位)以上だと、ゆがみに慣れるまでに時間がかかるとされています。


 見た目を気にしないなら『二重焦点』を選ぶのも手です。このレンズに慣れている高齢者のなかには、流行の累進屈折力レンズに見向きもせず、使い続ける人も多い」(我妻氏)


 だが、「どうしても『遠近両用メガネ』がいい」という人も少なくない。そんな人に我妻氏はこうアドバイスを送る。


「フレームの選び方を工夫しましょう。レンズの縦の長さを大きめの32㎜以上にすれば、遠用部から近用部までの距離が長くなり、度数の変化が緩やかです」


『人生が変わるメガネ選び』の著者で、梶田眼科の梶田雅義院長は、“慣れ”の重要性を強調する。


「累進屈折力レンズに慣れるには、加入度数が小さいレンズから慣れていくしかない。そのためには、老眼の症状がそれほど強くない時期から使い始めた方がよい。45歳ぐらいまでに累進屈折レンズを使い始めるのが理想。


 この時期を逃してしまった人は、『遠近』と『近近』2つの累進屈折力レンズを使い分けてゆがみに慣れるなどの工夫が必要となる」


 近年、新タイプの老眼鏡も登場している。昨年6月から販売されているのが、「貼るだけの老眼鏡」である。米国アイウェアメーカー・ネオプティクス社が開発した「ハイドロタック」だ。日本で販売代行する「アウトス」の前川勇人氏がいう。


「現在お使いのメガネやサングラスのレンズに貼るだけのシールタイプで、レンズの大きさに応じてハサミで簡単に切ることができる。水で濡らすだけで接着でき、剥がして何度でも使える。ゴルフのサングラスや、マリンスポーツのゴーグルの上に貼ることができるので、アスリート志向のシニアに人気です」


「遠近両用コンタクトレンズ」も普及し始めている。スマイル眼科クリニックの岡野敬院長が解説する。


「遠近両用メガネならピントを合わせる際、視線を遠くを見るなら上に、近くを見るなら下にしなければならないが、コンタクトなら同じ目線で両方見ることができる。激しい運動する人には将来的な選択肢となるが、いまはまだ改良を重ねている段階で、レンズによっては見え方が安定しないというデメリットもある」


※週刊ポスト2017年3月24・31日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「老眼鏡の正しい選び方、用途や悩み5ケースから専門家推奨」の関連ニュース

注目ニュース
「画面が割れた」スマホ当たり屋に遭遇したらどうすべき? シェアしたくなる法律相談所3月26日(日)21時0分
*画像はイメージです:https://www.shutterstock.com/これを読んでいるあなた、スマホの画面、割れてませんか?修理…[ 記事全文 ]
山崎賢人に現場から酷評の嵐! いいのはビジュアルだけ!? tocana3月26日(日)9時0分
女性に絶大な人気のイケメン・山崎賢人が23日、都内でカゴメ「野菜生活」の新CM発表会にゲスト出演したが、あまりにグダグダなトークで、記者か…[ 記事全文 ]
レンタルDVD店、女性店員に「AVタイトルを復唱」させる客からの電話…犯罪では? 弁護士ドットコム3月19日(日)7時54分
受話器を取り、店名を言い始めた途端、電話が切れてしまう。電話に出たユウタさん(大学生・20)は「また、あいつか」とため息をついた。[ 記事全文 ]
元俳優・成宮寛貴が年内復帰か!? 関係者「舞台関係に強い人物が画策中」 tocana3月25日(土)9時0分
一部週刊誌にコカイン疑惑を報じられ、昨年末に芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴が突如、テレビ朝日系ドラマ「相棒season15」に“登場”し…[ 記事全文 ]
『相棒』で『プリキュア』登場に「今後のコラボ期待」 R253月26日(日)11時2分
3月22日に放送されたドラマ『相棒Season15』(テレビ朝日系)の最終回で、警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)がアニメ『プリキュア』に関…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア