彼氏が離さない。愛され彼女が絶対にしない3つのこと

3月22日(金)21時0分 ハウコレ



こんにちは。沙木貴咲です。
好きな人と付き合えるようになるのは簡単なことではありませんが、恋人同士になってからも気は抜けないでしょう。


好きだからこその束縛がすぎると逃げられてしまいますし、安心して緊張感がなくなると嫌われるかもしれません。彼氏からはいつまでも大切にされたいですが、ずっと愛され続けるには、絶対にしてはいけないことがあるんです。


■1.彼氏を元彼やほかの男性と比べる行動

彼氏の前で堂々と元彼の話をする女性は多くありません。彼氏を不機嫌にするだけだと、誰もがわかっているはず。


でも、元彼やほかの男性と彼氏を比較して、「誰よりも私を愛して」という気の引き方をする女性は結構います。
ただ、愛情の求め方としては、かなりひねくれていて損なやり方です。


愛してほしかったら、素直に「好き」と言ったり、抱き着いたりしたほうが、彼も彼女にピュアな愛情を抱くでしょう。


また、自分が好きな男性芸能人を、彼氏のそばで「カッコイイ」と絶賛するのも、愛され彼女は絶対にしないこと。
嫉妬させて恋心を刺激することはできても、彼氏はちっとも面白くありません。そんな駆け引きめいた行動に不快感を示す男性もいるでしょう。


何にしても、彼を不愉快にさせることはしないのが愛され彼女。


彼氏に愛されたいなら、自分がまず彼を愛して、想いをわかりやすく言葉と態度で示すことが大事です。
彼氏に大切にされ続ける彼女ほど、二人きりの時は赤面ものの甘い言葉をドンドン言っているはず。


■2.「してもらうことが当たり前」という態度や考え

今や、時代の流れは完全に『男女平等』。女性のほうが、男性と平等に扱われたいと強く望み、セクハラには敏感になっています。


でも、恋愛においてだけはなぜか「女だから〜されて当たり前」と、特別扱いされたがる女性がまだまだ多いです。


女だからゴハンを奢ってもらうのは当たり前。
女は体力がないから、彼が彼女のペースに合わせるのが当たり前。
女はおしゃれに時間がかかるから、彼氏は待たされて当たり前。


・・・・・・そんな風に、男は女をチヤホヤするべきだと考えていると、彼氏から早々に愛想を尽かされるかもしれません。


女であることを理由に男性よりも優位に立とうという考え方は、いつまでも愛される彼女は絶対にしないことです。


彼氏に何かしてもらったら同じだけの愛情を返す。そう考えて、「一緒に幸せになろうね」というスタンスを持つ女性が、自ら望まなくても彼氏からチヤホヤされているのです。


■3.彼氏を批判すること

彼氏にずっと愛され大切にされる女性は、彼氏に対してめったにダメ出しをしません。
心の中で「その服ダサい」「男らしくない」「しっかりして」「どうしてこんなこともできないの?」と思っていたとしても、本人に直接ネガティブ発言はしないのです。


もし、彼が情けなく弱音を吐いたとしても、おかしたミスやできないことの追求はしないでしょう。そばに寄り添い、応援することで支えてあげようとします。


また男性も、彼女からダメ出しされたいとか、叱咤激励されたいなんて思っていません。


ほとんどの男性が、彼女にはあたたかく包み込んでもらいたいと望んでいるのです。


そして、愛され彼女は彼氏がいないところでも、絶対に彼氏批判はしません。
女子会で「ウチの彼って抜けてて・・・・・・」と笑い話が飛び交う中でも、ディスり合戦に乗ることはなく、むしろ「私の彼は優しい」などと褒めます。


ディスることで彼氏自慢をする女性は多いですが、愛され彼女には、彼氏を批判するという思考がそもそもないのかもしれません。


■おわりに:彼氏に愛される女性は、素直で愛情深い

彼氏にずっと愛される女性は、何か特別なことをしているわけではありません。
彼本人に素直に愛情を伝えることはもちろん、彼がいないところでも「好き」という気持ちを正直に表現しているだけ。


好きな人にいつまでも愛されたいというのは、誰もが願うことですが、それを実現するには駆け引きも羞恥心も手放す必要があります。


もっとシンプルに、ピュアな気持ちで恋を楽しめば、自然と彼が「かわいいな。絶対に離したくないな」と思ってくれるはずです。(沙木貴咲/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「恋人」をもっと詳しく

「恋人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ