ディズニー/ピクサーの人気作『トイ・ストーリー3』金ローで放送

3月23日(金)13時15分 シネマカフェ

(c) Disney/ Pixar

写真を拡大

『リメンバー・ミー』が絶賛公開中のディズニー/ピクサーによる人気シリーズの3作目として2010年に公開され大ヒットを記録した『トイ・ストーリー3』が3月23日(金)今夜日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」でオンエアされる。

初の長編フルCGアニメーションとして1995年(日本では96年)に公開され大ヒット、ディズニー/ピクサーの礎を築いたともいえる『トイ・ストーリー』はその後の映画の歴史に大きな影響を与えた。その後99年に続編『トイ・ストーリー2』が公開され、そこからさらに10年を経た2010年に公開されたのが本作となる。

アンディ少年の“おもちゃ”であるカウボーイ人形のウッディやバズ・ライトイヤーらの友情や冒険を描いた前2作から時を経て、本作ではアンディ少年が成長し大学進学するために家を出るところから始まる。


アンディは家を出るにあたりウッディだけを連れていき、バズをはじめとするほかのオモチャは屋根裏部屋に片付けることに決めたが、ママの勘違いでバズたちはゴミに出されてしまう。必死でゴミ袋を抜け出し保育園に寄付するオモチャの段ボール箱に紛れ込んだバズたち。仲間を救おうと大学行きの段ボール箱を飛び出したウッディも、一緒に保育園に向かうことに。

ウッディはアンディを信じるべきだと主張するが、保育園でクマのぬいぐるみ・ロッツォの歓迎を受けたバズたちは子どもたちとの新しい生活を選択。ウッディは一人で保育園を抜け出す。しかしバズたちは、乱暴な幼児が集まるクラスに入れられてしまう…というのが本作の物語。


日本語吹き替え版ではウッディを唐沢寿明が、バズを所ジョージが担当。さらに、小野賢章大塚周夫、故・永井一郎、三ツ矢雄二といった豪華な声優陣も参加している。

本シリーズをはじめ多彩なCGアニメで世界を魅了してきたディズニー/ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』は現在全国公開中。

同作は死者たちの世界”が舞台。主人公のミゲルは音楽が大好きなギターの天才少年だが、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ギターを弾くどころか家で音楽を聞くこともできない。家族かミュージシャンになる夢を目指すかで悩むミゲルは、伝説のミュージシャン・デラクルスの霊廟に飾られたギターを手に、先祖が家族に会いにくるという“死者の日”に開催される音楽コンテストに出る決意をする。そのギターを奏でた瞬間、夢のように美しく、テーマパークのような“死者の国”に迷い込んでしまい…というストーリー。

同時上映はこちらも大ヒットシリーズの新作短編『アナと雪の女王/家族の思い出』。

金曜ロードSHOW!『トイ・ストーリー3』は3月23日(金)21時〜日本テレビ系にて放送。

シネマカフェ

「ディズニー」をもっと詳しく

「ディズニー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ