むっちりボディーでも安心!冬太りしてもエロ映える水着

3月26日(火)7時30分 yummy!

冬になると肌の露出が減ります。長い冬の間に油断して、つい食べ過ぎてしまい、ダイエットが長続きできない人も続出します。
突然、水着を着ることになったら、どんな水着を着て体型をカバーすればいいのでしょうか? 冬太りしてもエロ映えする水着をご紹介します。

隠すことばかり考えない!


冬太りしてもエロ映えする水着を選ぶポイントは、太っていることを隠そうとするあまり、サイズの合っていない水着や太さを強調してしまうような水着を選んでしまうことです。
隠すことばかり考えず、今の体型を上手にいかした水着を選ぶようにしましょう。

見せたくない部分を強調しないこと


冬太りしてしまって、お腹や二の腕、大きめのバストなどを強調するような水着は避けるようにしましょう。
ギャザーの入ったデザインや、ポッコリとしたお腹を出すようなものは避け、体にフィットしたもので、細く見えるようなデザインを選びましょう。

大きめの柄は避ける


体の太さを隠そうと、大きめの柄を選びそうになるかもしれませんが、絵柄が伸びて見えたり、大きく広がって見えたりする柄はNGです。膨張して、より太く見えてしまうからです。
柄が入ると、どうしても膨張して見えてしまうので、柄がないものか、柄の少ないものや、柄が広がって見えないような柄を選びましょう。
例えば花柄なら大き目の花よりも、小花柄がおすすめです。
水玉の場合には、ドットが小さいものを選びましょう。

明るい色合いはNG


冬太りしてもエロ映えする水着を選ぶときには、白やパステルカラーなどの明るい色は避けるようにしましょう。
特に白色は広がって見えます。また横に伸びたボーダー柄やアニマル柄も、太く見えてしまいます。
黒や紺などの暗い色を選ぶと、冬太りしてもセクシーな印象になります。
真っ黒の水着だとなんとなく面白みに欠けると思ったら、フリルなどをポイント使いしたものを選んでみましょう。

露出は少なめにする


冬太りしてもエロ映えする水着を選ぼうとすると、露出の多いセクシーなものを選びそうですが、露出はなるべく少なめにしましょう。
がっつり肌を見せるよりも、想像を掻き立てるエロ映えする水着の方がおすすめです。

水着のデザインに注意する


肌の露出が少なく、ダークカラーのシンプルなデザインを選んでいるのに、何となくもっさりして見えてしまう場合は、水着のデザイン選びに問題があります。
ふんわりと体型を隠してくれる水着でも、ウエストはぴったりしたデザインのものを選び、太ももやお尻周りがふんわりしているものを選ぶ方がスタイルが良く、セクシーに見えます。

今の体に似合う水着を探そう!


水着と言えば、夏のイメージがありますが、夏が来る前に突然水着を着ることになったとしても、今の体型をうまくいかしたデザインなら、冬太りしてもエロ映える水着を選ぶことができます。
自信を持って水着になれるようなものを選んでいきましょう。
(番長みるく/ライター)

yummy!

「水着」をもっと詳しく

「水着」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ