95才料理研究家 ウイルスから守るには「しっかり食べる」

3月27日(金)7時0分 NEWSポストセブン

ばぁばこと鈴木登紀子さんの『みそカツ丼』

写真を拡大

 NHK Eテレ『きょうの料理』に50年以上出演している、現役最高齢の日本料理研究家、“ばぁば”こと鈴木登紀子さん(95才)が、「これだけは遺しておいきたい」という日本料理のテクニックを紹介する。


◆栄養あるものをおいしく食べることが“食事”なのです


 年寄りの大敵、肺炎を引き起こす恐ろしいウイルスが日本にも上陸して、大変なことになっています。最近はばぁばも人混みを避け、自宅でおとなしくしております。マスクの着用や手洗いが肝心とのこと。これは普段からの常識ですが、お台所に立たれたら、まず手をよく洗うことを心がけてくださいね。


 お料理は口に入るものが生まれるところ。あなたご自身、そしてご家族の命を作り、育て守る家庭の拠点です。熱湯消毒した布巾も用意し、つねに清潔な環境で包丁を持たなくてはいけません。


 それにしても、未知のウイルスへの対応はなかなか進まず、世間の混乱が続いています。特に高齢の親御さんや小さなお子さんを抱えるかたは、さぞかし不安であろうとお察しいたします。学校が休校となったり、テレワークが推奨されたり、大変なことでしょう。


 どうやって身を守ればよいのか。ばぁばはいまこそ、「栄養のあるものをしっかり食べること」が重要だと思うのです。栄養のあるものを「おいしい!」と食べることが心身の免疫力をグンと上げる! と信じ、ばぁばも日々、食いしん坊に励んでおります(笑い)。


 今回ご紹介する「ばぁばのみそカツ丼」もそんな元気印のお料理です。豚ロース肉には良質なたんぱく質をはじめ、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれ、体を元気にして免疫力を高めてくれます。これをサクサクのとんカツにし、こっくりと甘いみそだれをたっぷりかければ、小さなお子さんも食べやすいスタミナ満点のごちそうになります。小松菜やほうれん草など、やはりビタミン豊富な青野菜を添えて、あつあつを召し上がってください。


 みそだれはふろふき大根やふかしいもなどに添えておやつにしてもよいの。ちょっと多めに作って、根菜と楽しんではいかが?


◆『ばぁばのみそカツ丼』の作り方(4人分)


【1】豚ロース肉4枚(1枚約150g)は筋切りをし、軽く塩こしょうする。小麦粉適量をまぶし、溶き卵(3個分)、パン粉の順に衣をつけてバットなどに並べ、冷蔵庫で10分ほど置く。


【2】小松菜1/2束は根に包丁で切り込みを入れ、塩少量を加えたたっぷりの熱湯で2株ずつさっとゆで、冷水にとる。きつく絞って2cmの小口切りにし、薄口しょうゆ小さじ1をふっておく。


【3】みそだれを作る。小鍋に八丁みそ大さじ6、砂糖大さじ6、みりん大さじ3を入れてへらでよく混ぜる。なめらかになってきたら中火にかけ、しょうゆ大さじ2を入れて混ぜる。


【4】【3】にだし1/2を少しずつ加えてみそをのばし、弱火に落としてみそがぽってりとするまでよく練る。


【5】180℃に熱した揚げ油に衣をつけた豚ロース肉をゆっくりと入れ、1〜2分ほど待って中火に落とす。じっくりと火を通して一度表裏を返し、揚げ上がったら熱いうちに食べよい大きさに切る。


【6】丼にご飯を盛り、小松菜を敷き、カツを盛る。あつあつのみそだれをたっぷりかけて出来上がり。好みで七味唐辛子、粉山椒などをふっていただく。


撮影/鍋島徳恭


※女性セブン2020年4月9日号

NEWSポストセブン

「料理研究家」をもっと詳しく

「料理研究家」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ