ジュネーブショーで見つけた「超ド級ハイパー&スーパーカー」ベスト5!

3月27日(水)11時30分 週プレNEWS

ジュネーブモーターショーはハイパーカーやスーパーカーであふれていた!
ジュネーブモーターショーはハイパーカーやスーパーカーであふれていた!

スイスで開催されたジュネーブモーターショーが超濃厚だったと話題だ。現地でがっつり取材した自動車ジャーナリストの竹花寿実(たけはな・としみ)が、独断と偏見で最強カー5台を決定してくれた。忖度ナシの最強グルマに刮目!

* * *

——3月17日閉幕したジュネーブショーは、予想外に盛り上がったようですね。

竹花 ここ数年は世界中のモーターショーで規模縮小の傾向が顕著だったのですが、ハイパーカーやスーパーカーであふれていました。

——EVも多かったとか?

竹花 たくさん出展されました。市販モデルも多数お披露目されて、欧州のメーカーが電動化に向かって突き進んでいるのを印象づけていましたね。その一方で、今回で自動運転の話は一段落といった感じでした。

——なるほど。では竹花さんが独断と偏見で選んだベスト5をお願いします!

竹花 第1位はブガッティのラ・ヴォアチュール・ノアールです! とにかくスペックと価格が飛び抜けているので1位にしました。

【第1位】ブガッティ ラ・ヴォアチュール・ノアール 性能も価格も桁違い。もちろん、約14億円は自動車史上最も高額
【第1位】ブガッティ ラ・ヴォアチュール・ノアール 性能も価格も桁違い。もちろん、約14億円は自動車史上最も高額

——なんだか真っ黒ですね。

竹花 フランス語で「黒いクルマ」という車名です。ナマで見ると超カッコいい!

——どんなクルマですか?

竹花 ベースは1500PSの8リットルW16クワッドターボを搭載したブガッティ・シロンです。詳細は不明ですが、性能もシロンと同等なら最高速度は420キロ(リミッター介入)になります。

——うはーっ、420キロ!

竹花 車両価格は税別で1100万ユーロ(約13億8000万円)で、ビジネスジェット機のホンダジェットの2倍以上です。日本で買えば、消費税だけで88万ユーロ(約1億1000万円)になります。生産台数は1台のみで、すでに売約済みです。

——価格も超ド級! 続いて2位は?

竹花 ピニンファリーナのバッティスタです。EVのハイパーカー代表として2位にランクインさせました。

【第2位】ピニンファリーナ・アウトモビリ バッティスタ 生産台数は150台。残念ながら現時点で、日本市場での展開はナシ
【第2位】ピニンファリーナ・アウトモビリ バッティスタ 生産台数は150台。残念ながら現時点で、日本市場での展開はナシ

——これまたいかにも速そうな見た目ですね。

竹花 フェラーリをはじめ、数多くのスーパーカーを手がけてきたピニンファリーナらしい美しいデザインです。車名は同社の創業者バッティスタ・ファリーナから名づけられています。

——性能は?

竹花 速いです。最高出力が1900PS、最大トルクは2300Nmで、2秒未満で時速100キロに到達し、12秒以下で300キロに。

——2秒未満は強烈です! お値段も強烈?

竹花 世界150台限定で、価格は200万ユーロ(約2億5000万円)前後になる見込みです。1位に比べれば格段に大衆向けです。

——大衆向けって......。

竹花 (無視して)3位はラゴンダ・オールテレイン・コンセプトです。圧倒的な存在感で3位にランクインです。

【第3位】ラゴンダ オールテレイン・コンセプト 外観同様、内装も近未来的。ステアリングはディスプレイ内蔵
【第3位】ラゴンダ オールテレイン・コンセプト 外観同様、内装も近未来的。ステアリングはディスプレイ内蔵

——コレはミニバンですか?

竹花 4人乗りのスーパーラグジュアリーEVです。とにかく巨大で全長7mくらいでしょうか。アストン・マーティンが保有するラゴンダブランドの復活第1弾になるもようです。昨年も同様のコンセプトカーが披露されたのですが、今年はトレンドに合わせてSUVテイストに進化しました。

——7m......。市販予定は?

竹花 2022年に生産開始だそうです。中東あたりの大富豪が好みそうです。

——石油王御用達カー!

竹花 4位は新興メーカーのピエヒ・マーク・ゼロです。創業者のアントン・ピエヒ氏は、フェルディナント・ポルシェのひ孫だそうです。

【第4位】ピエヒ マーク・ゼロ ピエヒ・オートモーティブは2016年に創業。本拠地はスイス
【第4位】ピエヒ マーク・ゼロ ピエヒ・オートモーティブは2016年に創業。本拠地はスイス

——どことなく往年のポルシェを連想させるスポーツカースタイルでホッとします。

竹花 でもこのクルマも前後に203PSの電気モーターを搭載した4WDのEV。3.2秒で時速100キロに到達。EVの航続距離は500kmで、わずか4分40秒でバッテリーを80%充電可能という点は画期的です。

——わっ、なんかEVの充電問題が解決しそうですね!

竹花 5位はイスパノ・スイザのカルメンです。超個性的なデザインに注目です。

【第5位】イスパノ・スイザ カルメン この電動グランドツアラーは、カーボンファイバー製モノコック
【第5位】イスパノ・スイザ カルメン この電動グランドツアラーは、カーボンファイバー製モノコック

——クセ強ッ!

竹花 イスパノ・スイザは第2次大戦前のスペインの高級車メーカーですが、2005年にフランス企業の下で復活しました。今回のカルメンは1019PSの最高出力を誇るEVスーパーカー。年末から19台を生産予定。価格は税別150万ユーロ(約1億9000万円)です。買います?

——買えません!

●竹花寿実(たけはな・としみ) 
1973年生まれ。東京造形大学デザイン科卒業。自動車雑誌や自動車情報サイトのスタッフを経てドイツへ渡る。昨年まで8年間、ドイツ語を駆使し、現地でモータージャーナリストとして活躍。欧州車のスペシャリスト

取材・文・撮影/竹花寿実

週プレNEWS

「ジュネーブ」をもっと詳しく

「ジュネーブ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ