インプラント手術、血が止まらなかったり顎の骨溶ける例も

3月28日(木)16時0分 NEWSポストセブン

ずさんな手術に警鐘を鳴らす小宮山氏(筆者撮影)

写真を拡大

 高額な自由診療でありながら、1か月で約2万7000件の手術が行なわれているインプラント治療。その費用は施設によって異なり、最安で約20万円、東京都内では35万〜50万円が多い。3月14日、国民生活センターが8年ぶりに公表したインプラントに関するトラブルの相談内容からは、歯科医の無責任な対応が際立つ。


 50代女性は、ネットでみつけた歯科医院を2度目に訪れた際、いきなり診察室でインプラントの手術が始まったという。帰宅後、出血が止まらず、救急センターを受診、そのまま緊急入院となった。


 別の50代女性は、インプラントを入れるため、下顎から削った骨を上顎に移植する手術を受けた。


 手術中は鼻から回ってくる血液を飲み続け、出血が止まらないまま、「1日様子を見て」と帰された。


 出血が止まらず、再び病院に戻ったところ、歯科医が手術で前歯の上の鼻腔底を割ったことが原因と判明。救急車で他院に搬送されて、4日間入院した。東京医科歯科大学・インプラント科の春日井昇平教授は、実情を吐露した。


「こうしたトラブルを起こしているのは、学会にも入らないで勝手なことをやっている、一部のアウトサイダー的な歯科医。法的な規制の網にもかからないので、対策が難しいのです」


◆手術後メンテナンスがなくて抜け落ちてしまう


 最近、世界的な問題となっているのが、インプラント周囲炎である。これは、歯周病のような症状がインプラントに起こるもので、最悪の場合は撤去しなければならない。


 この事態を防ぐためにも、インプラント手術後は、定期的なメンテナンスに通うことは必須とされている。


 国民生活センターの相談内容でも、インプラント周囲炎のケースがあった。埼玉県在住の40代女性は、自宅近くの歯科医院で3本のインプラント手術を受けた。そのうち2本が抜けてしまい、その部分の顎の骨が半分溶けていたという。女性はメンテナンスに通っていなかったが、それは手術した歯科医が特に説明をしていなかったからだという。


 同センターのアンケートでは、インプラント手術を受けた人の4割程度がメンテナンスを受けていなかった。理由は「異常や違和感が無い」(34.4%)、「歯科医師から指示が無かった」(27.3%)となっている。


 インプラント治療の先駆者で歯科医を指導する小宮山彌太郎氏(ブローネマルク・オッセオインテグレイション・センター院長)は、こう指摘する。


「今までの経験から、実績のあるインプラントが適切に応用され、患者も清掃(メンテナンス)に気をつければ、30年、40年という長い目で見ることができました。


 それが、安易な方法を取る、あるいはメンテナンスも怠ると、1年でダメになってもおかしくない。インプラントは、最善か、無か。“そこそこの結果”というのは有り得ません」


●レポート/ジャーナリスト・岩澤倫彦(『やってはいけない歯科治療』著者)


※週刊ポスト2019年4月5日号

NEWSポストセブン

「手術」をもっと詳しく

「手術」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ