キャッシュレス派の貯蓄高は現金派の2.4倍、1年で約50万円の差 「非現金派」率が高いのは30代男性

3月29日(金)17時21分 キャリコネニュース

20代女性のキャッシュレス派は昨年より10ポイント増えています

JCBは3月28日、「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査」の結果を発表した。調査は今月8日〜11日の4日間、全国の20歳から69歳の男女1000人を対象にインターネットで実施した。

全回答者に新年度の目標を聞いたところ、 1位が「貯蓄」(38.3%)で 5年連続トップ。2位は「生活費の見直し・節約」(28.4%)で、3位「仕事や家事の効率 UP」」(21.7%)、4位「ダイエット」(20.5%)、5位「趣味力 UP」(17.5%)となっている。節約志向、貯蓄志向は依然として高いようだ。

20代女性のキャッシュレス派も昨年より10ポイント増加


昨年1年間で増やせた貯蓄額を聞いたところ、最も多かったのは「0円」で39.8%。次いで、「1万円〜50万円未満」が28.6%、「50万円〜100万円未満」が12.7%、「100万円以上」が14.1%となり、0円と答えた人も含めた平均貯蓄増加額は57.2万円だった。

昨年1年間で増やせた貯蓄額を、買い物の支払い方法で分けると、キャッシュレス派の平均貯蓄増加額は83.2万円、現金派の平均貯蓄増加額は34.2万円と、大きな差が開いた。キャッシュレス派は現金派の2.4倍、貯蓄額を増やせたことになる。

男女別に平均貯蓄増加額をみると、男性はキャッシュレス派が102.4万円、現金派が45.8万円、女性はキャッシュレス派が61.6万円、現金派が23.3万円だった。男性は、キャッシュレス派は現金派の2.2倍、女性は、キャッシュレス派は現金派の2.6倍貯められていることになる。男女とも、キャッシュレス派のほうが現金派よりも貯蓄力が高い。

回答者全員を対象に、自分はキャッシュレス派か現金派かを聞いたところ、キャッシュレス派を自認する人は39.8%で、昨年より5.7ポイント増加した。性別・年代別に見ると、30代男性と60代男性でキャッシュレス派が急増し、それぞれ52%(昨年39%)、50%(昨年34%)と半数を超えた。30代男性は全ての性別・年代の中で最もキャッシュレス派が多かった。

昨年キャッシュレス派の割合が低かった20代女性と60代女性もキャッシュレス派が昨年より10ポイント上昇。20代女性で37%、60代女性で39%となっている。

新年度の貯蓄目標額を聞いたところ、「100万円台」との回答が最も多く 18.3%だった。「100万円以上」は 34.6%で、3人に 1人。0円(目標額なし、14.7%)も含めた平均貯蓄目標額は 257.2万円だった。


キャリコネニュース

「現金」をもっと詳しく

「現金」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ