タイを拠点に振り込め詐欺 逮捕された男たちの標語に絶句「日本に戻ってくるな」

3月30日(土)17時30分 しらべぇ

一万円札(st-palette/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

現在、特殊詐欺の多くは組織的に行なわれているとされる。

ドラマ『詐欺の子』(NHK)では民家の一室やラブホテルを仕事場にする様子が描かれたが、このたびタイを拠点に活動していた日本人グループが現地の警察によって逮捕され、ネット上で注目を集めている。

■タイ・パタヤに拠点

報道によると、日本人グループが逮捕されたのは29日。東部にあるリゾート地・パタヤの住宅に拠点が置かれ、振り込め詐欺に関与していたとみられる22〜54歳の日本人の男15人が逮捕された。

タイで日本を狙った振り込め詐欺の拠点が見つかるのはこれが初めてで、偽の請求書を電子メールで送付するなどの手口で、これまでに計約8900万円を騙し取った疑いがあるという。

なお、15人は観光ビザで入国しており、逮捕容疑は不法就労だった。日本の警察の捜査を逃れるためにタイに来たと見られる。

■標語に注目集まる

ネット上で注目されたのは、男たちが拠点となった住宅の壁に張っていたとされる紙。そこには「ネガティブにならない!」「絶対に稼ぐ!」「責任感を持つ!」「だらけるな、痩せろ!」などの標語が書かれていたのだ。

非常に意識が高い標語だが、まさか詐欺に関わる人間がそんなことを自分たちに言い聞かせていたとは……。責任感という言葉に、耳を疑ってしまう。

■「日本に戻ってくるな!」

この報道に対し、ネット上では怒りの声が爆発。「日本に戻ってくるな」「日本の恥」など、厳しい声が数多くみられる。

「タイまで行って振り込め詐欺とは…。日本人も落ちたものです」

「日本の恥でしかない。日本に戻ってくるな!!」

「老人を狙った卑怯きまわりない犯罪者はドンドン捕まって欲しい。タイ警察ありがとうございます」

「現地警察には厳しい処罰をお願いしたい」

「なにが責任感だよ……責任感あるなら真面目に働け」

■2割弱「オレオレ詐欺電話」の経験

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の男女20〜60代に調査を行なったところ、「オレオレ詐欺の電話が自分の家や実家にかかってきたことがある」と答えた人は全体の15.8%。

幅広い年代を対象にしていることを考えれば、詐欺がいかに身近に起こっているかがよくわかる。

グラフ

詐欺に携わるような人間に、「責任感」などの言葉は使ってほしくない。そんなふうに強く感じてしまう、情けなく、腹立たしい事件であった。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2018年8月31日〜2018年9月3日
対象:全国の20〜60代男女計1363名(有効回答数)

しらべぇ

「タイ」をもっと詳しく

「タイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ