重いって何…?「重い女」じゃダメなの!?

4月1日(月)21時15分 All About

彼氏に「重い」と言われて振られてしまった……。「重い女」と思われないためにはどうしたらいいの?

写真を拡大

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに「藤本シゲユキさん」が答えます!

■藤本シゲユキさんプロフィール
“モテる男の心理"をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

お悩み:「重い女」だと言われます。「重い」ってどういうこと?

■あかねさん(32歳・WEBデザイナー)のお悩み
向こうから猛烈にアタックされて付き合ったはずの彼氏から、「重い」と言って振られました。

男友達から「あかねとは付き合いたくない、重そうだから」と言われたこともあるので、私は「重い女」オーラが出ているのかもしれません。

恋愛中は彼のことばかり考えてしまう、という自覚はあります。私のことを本当に好きか何度も確認したり、LINEの返信が遅いとすねたり、元カノの話を聞き出しておいて嫉妬して泣いたり、そういうこともしてしまいました。でも、恋愛中って多かれ少なかれ、みんなそういうところがあるのではないでしょうか。

一方で、いかにも重そうなのに、彼氏が絶えなかったり、溺愛され続けていたりする人もいますよね。そういう人と私との違いは、どこにあるのでしょうか。そもそも「重い」って、どういう状態を指すのでしょうか。教えてください。

アドバイス1:「重い」の定義は3パターン

まず、「重い」の定義についてですが、3つに分かれます。

■1:感情のコントロールができないことによる自爆
あかねさんの場合で言うと、不安から何度も好きかどうか確認したり、LINEの返信が遅いとすねたり、自分から聞いてるのに元カノ話で嫉妬して泣いたりといった行動が当てはまりますね。

つまり、相手の都合を考えずに感情をそのままぶつける行為が、重さにつながります。

■2:「好かれたい」という気持ちが元になった、見返りほしさの尽くす行為
「相手のためだけを思ってする見返りを求めない善意」が尽くすということです。そこに、好かれたい、嫌われたくないという気持ちが入ってしまうと、たちまちそれは「エゴ」になり、「尽くしてるふり」になります。

ちなみに、相手がそっとしておいてほしいときは、「見守る」ことも尽くすという行為になりますね。

■3:相手の解釈
前述したように、いくら見返りのない善意で尽くしていたとしても、相手の受け取り方によっては、それが重く感じることもあります。

なぜこういう事態になるかというと、そもそも相手が愛のない人間である可能性があります。そういう人間であればあるほど、愛のある人間のことが理解できないので、「見返りなしで良いことができる人間なんているはずがない」と思ってしまうんですよ。

そうなると、彼女が本当の意味で尽くしていても、「そういうことされると重いからやめてくれ」と言いますし、テレビなどで「ある芸能人が神対応をした」のような情報を見ても「どうせ売名行為でしょ」と思う傾向にあります。

以上のことから、3のケースを除き、自分のことしか考えていない行為が重さにつながると思っていただいてかまいません。

おっしゃるように、恋愛中は多かれ少なかれ恋人に対して重さは出てしまうものですが、残念ながら感情のコントロールができない女性ほど、恋愛が短命に終わります。

アドバイス2:重さは「好きの温度差」から生まれる

もちろん、なかには重くても彼氏に溺愛されている女性もいます。ただそれは「そのとき」だけであり、結局行き着く先は別れであることが多いです。

なぜ「そのとき」は溺愛されるかと言うと、「好きの温度差が一緒」だから。

重さというのは、前述したことに付け加え、「好きの温度差」から生まれるものでもあります。なので、彼女のことが大好きなうちは重い行動を取られても耐えられるのですが、あいにく燃え上がるような恋愛感情は持って3カ月〜半年が限界です。

恋愛初期は、ドキドキ、気持ちが高揚するような脳内ホルモンが多く分泌されているけれど、日が経つにつれ落ち着いていく……という話は、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

つまり、燃え上がるような恋愛感情は、ネットゲームで言うところの「期間限定ログインボーナス」のようなもの。この期間中にいくら溺愛されていたとしても、期間が過ぎてもまだ彼女が重いままだと、別れに向かって加速することがほとんどです。

アドバイス3:わがままな女性がモテるのは、わがままなだけではないから

とはいえ、「わがままな女性がモテる」という事実はあります。なぜ彼女たちがモテるかと言うと、わがままの対比になる「献身」や「素直さ」をちゃんと持っているからなんです。

言うまでもなく、ただのわがままな女性はモテないですし、モテてもそれはルックスの良さだけでモテているだけなので、最初だけになります。

アドバイス4:共依存は「愛情の奪い合い」になる

ずっと重い女性でも受け入れてくれるような男性を探せばいいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。たしかに、そういう男性も存在します。それはだいたい、3パターンいます。

1. 親に愛されずに育ち、愛情飢餓がものすごく、重さが愛情だと勘違いしてる人
2. 今までの恋愛で重い女性としか付き合ってこなかったから、女性は重いものなんだと錯覚している人
3. 異常なさみしがりやで同じように重く、自分で自分の機嫌をとれない人

1と2の男性に関しては、自分の錯覚に気づいた時点で目が覚めてしまいます。3の男性に関しては、お互いがお互いに依存する、共依存の関係になるだけです。

共依存状態を悪いことだと思っていない人が多いですが、共依存って、ようは「愛情の奪い合い」をすること。精神的自立を果たしていない者同士が、愛情の奪い合いをして、お互いが「相手がいないと生きていけない」という状態になることなんです。

そう考えると、自分の重さをすべて受け入れてくれる男性を探すよりも、重い女から脱却する方が現実的ではないでしょうか。

アドバイス5:重い女は、だいたい暇!

本当の意味で「いい男」と呼ばれる男性は、恋愛のことばかり考えている重い女性をパートナーに選ぶことはありません。

はっきり言いますが、「重い女」でいるうちは幸せになることはできないですし、あかねさんが取る選択は、「重い女から脱却する」か「これからも重い女でいる」ことを選ぶかの2択です。

女性の多くは、「恋愛中は好きな人のことばかり考えてしまう」と思われていますが、けっしてそうではありません。精神的に自立していて、自分の人生を自分で切り開いてきた女性は、恋愛以外にも大事なことを持っています。だからこそ、頭の中が恋愛一色にはならないんです。

逆に、いつも恋愛中は相手のことばかり考えてしまうという人は男女問わず、自分で自分の機嫌をとることができず、満たされない自分の穴埋めを相手にしてもらおうとします。でもそういう人は、いくら彼氏から愛情を注がれたところで、永遠に満足することはできないんですよ。

それから、恋愛になるとたちまち重くなる女性の傾向としては、必ずと言っていいほど「暇」です。厳密に言うと、仕事以外の時間を持て余していることがほとんどなんですね。

厳しいことばかりお伝えしましたが、あかねさんが重い女から抜け出したいと思われたのであれば、恋愛以外に夢中になれることを探してみてください。

とはいえ、いきなり一生モノの趣味がそう簡単に見つかるわけではないので、「これやりたいな」「面白そうだな」と思ったものを片っ端から手を付けて、「暇つぶし」を習慣化することをおすすめします。
(文:All About 編集部)

All About

「心理」をもっと詳しく

「心理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ