「大麦グラノーラ」31万個を自主回収 基準値超える農薬を検出 日清シスコ

4月3日(火)19時39分 BIGLOBEニュース編集部

自主回収対象商品

写真を拡大

日清シスコは3日、シリアル食品「1日分のスーパー大麦グラノーラ」の原料から基準値を超える農薬を検出したとして、31万5000個の自主回収を行と発表した。食べても健康に影響を及ぼすことはないとしている。


自主回収を行うのは、「1日分のスーパー大麦グラノーラ 4種の彩り果実」18万6000パックと「1日分のスーパー大麦グラノーラ 3種のまるごと大豆」12万9000パック。このうち賞味期限が、「2018.7.13」「2018.7.26」「2018.9.8」「2018.9.28」「2018.10.7」「2018.10.14」の「4種の彩り果実」、「2018.8.24」「2018.9.14」「2018.10.15」の「3種のまるごと大豆」が対象となる。賞味期限は、パッケージ裏面右側に記載されている。対象商品を「日清シスコ株式会社 東京工場 お客様係」まで料金着払いで送付すると、後日、商品代金相当のQUOカードが返送される。


日清シスコによると、大麦の一部ロットで「残留農薬基準値を超えている疑いがある」と原料供給会社から連絡を受け検査。その結果、基準値を超えることがわかった。万が一、食べても健康に影響を及ぼすことはないが、万全を期すために回収するとしている。


<商品送付先>
〒360-0201 埼玉県熊谷市妻沼5000
日清シスコ株式会社 東京工場 お客様係 宛

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「農薬」をもっと詳しく

「農薬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ