男が絶対に手放したくない女性の条件

4月4日(木)21時15分 All About

好きな人とはいつまでも一緒にいたいと思うのはあたりまえ。そんな大好きな人に「絶対に手放したくない!」と思われるために必要な条件があるとしたら?

写真を拡大

外国文化から学ぶこと?

昨今世界的に離婚率が高まる中、ユダヤ人の社会においては、離婚率が極めて低いという特徴が見られます。離婚大国とされるアメリカにおいてでさえも、ユダヤ系アメリカ人に限って言えば、離婚率がとても低いという統計を見出すことができます。

これには、家族の交わりを大切にして、家族団らんのひとときである安息日などを持つユダヤの社会システムが大きく寄与していると言われていますが、幼少時から身につけられてきた、彼らの結婚観や理想的な夫婦のあり方にも大きく関わっていると考えられます。

彼らの道徳的教科書とも言える、旧約聖書は「箴言(しんげん)」とよばれる、数多くの教訓を伝える章を含みますが、その第31章には、男性の誰でもが一度結婚したら絶対に手放したくない女性の姿が描かれています。

幼少時より、この箴言31章に示された女性像をロールモデルとしながら成長してきたユダヤ女性の多くは、自然と男性が手放したくない女性の条件を満たし、夫婦円満に一役買っているのかもしれません。

離婚の原因は、女性だけに非があるとは限りませんが、あなたが、将来好きな人と末長く仲良く暮らしていきたいとい願うのであれば、こうしたユダヤの教えを参考にしてみるのも良いのではないでしょうか?

巷では、ユダヤにおける女性の地位は、男性よりもかなり低いと誤解されている傾向も見られますが、ハラカと呼ばれるユダヤの法律の下では、多くの面で、男性に対する女性の優位が認められていました。

その証拠に、20世紀欧米で活躍したフェミニスト運動のリーダーの多くはユダヤ系女性で占められていたという記録もあります。それだけに、現代日本の社会においても、十分に納得できる内容です。それでは、早速ユダヤが教える、男性が絶対に手放したくない、「男性を幸せにすることができる女性像」を見ていきましょう。

箴言31章10節〜

■有能な妻となれる
単に、夫に従うだけでなく、有能な妻となることができる女性こそが理想の女性と考えられています。それでは有能な妻とはどういう妻なのでしょうか?

■金銭感覚がしっかりとしている
何よりも大切なのは、金銭管理がしっかりとしていることとされます。そして、パートナーと金銭感覚がマッチしていることが大切です。もちろん、パートナーの低収入を嘆いたり、文句を言ったりは絶対にしません。

■家事も仕事もできる
器用で必要な物を自分で手作りしてしまうこともできる女性です。早朝から働くことをいとわず、マネジメント能力にも長けている女性です。パートナーの収入だけに頼らずに、自分でも生活の糧を見出します。現代流に言えば、家事もしっかりこなすキャリアウーマンといった感じです。

■他人に対する思いやりを持つ
自分の家族だけでなく、他人のことを思いやるやさしい心を持ち合わせています。

■危機管理ができる
家族にとって必要なものは、いつもしっかりと備えているので、緊急事態が起きても安心です。

■特技を役立てる事ができる
どんなにパートナーが社会的に成功した人でも、パートナーの肩書きにあぐらをかいたりしない女性です。自分の特技を活かして自分自身も社会に貢献しています。持てる能力を無駄にしていません。

■品格と教養を備える

意志が強く気品があり、教養に溢れた態度でコミュニケーションをとることができる女性です。

■家族への気配りを忘れない
家族のメンバーへの気配りを忘れずに、毎日を有意義に過ごしています。そんな女性だからこそ、パートナーや子どもたちからも、「最高の女性」として褒め称えられます。

■見かけよりも中身で勝負できる

どんなに美しくても理想の女性とは限りません。こころの力を信じ、自らの役割を知る本当の意味で幸福な女性が手放したくない女性の条件です。

いかがでしたか? 確かにこんなに素晴らしい条件の数々を備えた女性であれば、どんな男性でも手放せないことでしょう。あえてこれらの条件を一言でまとめれば、生活の様々な場面において、男性と対等のパートナーシップを築くことができる女性と言えそうです。
(文:永瀬 久嗣(恋愛ガイド))

All About

「条件」をもっと詳しく

「条件」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ