石田ゆり子「裏切られたくない」発言に驚愕!滝沢カレン、三浦祐太朗…恋愛のトラウマを明かした芸能人4人!

4月3日(水)8時0分 tocana

画像は、ゲッティイメージより

写真を拡大

“奇跡のアラフィフ”と呼ばれながら、いまも独身を貫く女優・石田ゆり子(49)。どうやら過去の“トラウマ”が影響しているようで、以前『サワコの朝』(TBS系)に出演した際に「(好きという気持ちがどういうことか)だんだんわからなくなってきて」と漏らしていた。


 3月19日発売の「女性自身」2019年4月2日号(光文社)では、石田の知人女性の声を掲載。石田に恋愛の話を振ったところ、「もう裏切られたくない」と語ったという。記事では俳優・石黒賢(53)や和太鼓奏者・内藤哲郎との交際にも触れられており、ファンからは「恋愛に興味がないと思ってた」「恋愛スキャンダルが出ない理由が意外すぎた」「裏切られたことで次に進めない気持ち、わかるなぁ」といった声が。


 今回は石田のように、恋愛のトラウマを明かした芸能人たちを紹介しよう。


滝沢カレン


 まずはおバカキャラでバラエティ界を席巻中のモデル・滝沢カレン(26)から。彼女は2018年4月放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、過去のトラウマエピソードを明かしている。話は高校時代にさかのぼり、大好きな彼氏から「友達を紹介する」と言われたそう。その時は何事もなく終わったが、事件は別の友人グループに紹介される直前に起きた。


 友人グループとの待ち合わせ場所につく前に、彼氏から「今日は頷いてるだけでいい」とお達しを受けた滝沢。彼氏は滝沢を“頭が良い彼女”に見せたかったらしく、「静かに飲み物を提供するだけ」とまで言われてしまう。滝沢のおバカキャラを考えれば彼氏の気持ちも理解できるが、言われた本人はよほどショックだったようで「トラウマになっちゃった」と明かしている。


●三浦祐太朗


 続いては人気急上昇中の歌手・三浦祐太朗(34)。いかにも女性にモテそうな甘いルックスの三浦だが、大学時代に受けた仕打ちが原因で“二次元の女性”に逃げるほど追い込まれている。


 2018年10月放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、三浦のトラウマ体験を再現VTRで紹介。結婚を意識した交際女性に突然フラれた三浦は、3カ月後に当の女性から「(三浦を)試したの。やり直さない?」と復縁を迫られることに。その結果女性に恐怖心を抱き、「二次元の女性からは嫌われない」と考えるようになってしまったのだ。その後三浦はアニメ番組を漁り続け、お気に入りの女性キャラを「嫁」と呼ぶまでになった。


●ナインティナイン・岡村隆史


 最後はたびたびスキャンダル報道がありながら、結婚に至っていないナインティナイン・岡村隆史(48)。かつて女優・葉月里緒奈(43)に弄ばれ、巨乳釘師に売名行為の道具にされるなど明らかに女性運は悪い。まさにトラウマ級エピソードのオンパレードだが、岡村が“奥手”すぎるゆえにトラウマを抱えたこともあった。


 ウェブサイト「アサ芸プラス」で紹介された芸能関係者の話によると、岡村は一般女性を相手に21歳で脱童貞。ところが2度目の行為で岡村がもたついてしまい、気を使った女性が腰の下に枕を差し込んだという。女性の“慣れた手つき”にショックを受けた岡村は、「女は不潔や!」と号泣。よほどショックだったのか2018年9月放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(朝日放送テレビ)で、交際経験ナシの女性を理想に挙げている。そんな岡村に、ネット上では「こじらせすぎwww」「こりゃ一生結婚できそうにないな」「さすがに50近いオッサンが言うと引くわ」といった声が相次いだ。

tocana

「芸能人」をもっと詳しく

「芸能人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ