キスしたときのお口のねばつき問題!傷つけずにうまく相手にいう方法

4月5日(金)21時30分 yummy!

キスした時のにおいやお口のねばつき、指摘したくても指摘できない問題ですよね。
デリケートな問題なため、男女問わず「言えない…」と悩んでいる人は多いですが、どうしたら相手を傷つけずにうまく伝えられるのでしょうか。
そこで今回は、お口のにおいやねばつきを、傷つけずに相手に伝える方法を考察してみました。

たばこや食事を問題にして指摘


お口のにおいやねばつきをストレートに指摘すれば、当然相手は傷ついてしまいますが、たばこのにおいや食事のにおいを指摘すると、相手の受け取り方も変わってくるため、傷つけることなく伝えられるかもしれません。
たばこや食事を原因に挙げれば、自分自身に問題があるとは思わず、たばこを吸った後や食事の後に歯磨きをすれば、問題を解決できると相手は思ってくれるはずです。
においやねばつきの根本的な解決にはなりませんが、多少は改善されると思いますし、傷つけずに割と直接的に伝えることができるので、おすすめの伝え方ですよ。

歯医者や耳鼻科への検診をすすめる


お口のにおいやねばつきの根本的な解決を目指すなら、歯医者や耳鼻科への検診をすすめてみるのも一つの手。
急に歯医者や耳鼻科をすすめるのは違和感がありますが、話の流れから伝えるようにし、彼自身が問題を意識しているなら、「早く行った方がいいよ」「定期的に検診した方がいいよ」と促してみてはいかがでしょうか。

ガムや清涼菓子をすすめる


お口のにおいやねばつきを間接的に伝えるのは難しいので、ガムや清涼菓子をすすめてみるのも一つの手です。
キスの前に毎回必ずガムや清涼菓子をすすめられたら、鈍感な男性でもさすがに口臭を気にしだすでしょうし、唾液が増えればお口のねばつきも弱くなると思うので、根気よく続けてみて下さい。

歯磨きした時だけキスをする


彼が歯磨きをした時にだけキスを求めれば、お口のケアを気にしてくれるかもしれません。
歯磨きをしていない状態でキスを求められた時は、深いキスをしてきても軽いキスだけにとどめておき、それを習慣づければ、おくちがねばついている時にはキスをしない関係を作れるのではないでしょうか。

これ見よがしに小まめに歯磨きする


自分が小まめに歯磨きすれば、相手も同じように小まめに歯磨きしてくれるかもしれません。
経験上、効果のほどはイマイチですが、試してみて下さい。

自分の口臭が気になることを伝える


自分の口臭が気になることを伝え、歯磨きしないとキスをしたくない旨を伝えれば、相手もお口のケアを気にしてくれるかもしれません。
自分自身の口臭が気になると伝えれば相手は傷つきませんし、「俺も気を付けよう」と思ってくれるかもしれませんよ。

さいごに


彼氏や彼女のお口のにおいやねばつきに問題があると感じている人は、ご紹介したい伝え方を試して下さい。
デリケートな問題なだけに、間接的であっても伝えるのははばかられますが、ステキなキスで愛を確かめ合うには、必要な処置だと思いますよ。
(瀬戸 樹/ライター)

yummy!

「キス」をもっと詳しく

「キス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ