世界505店の台湾スイーツチェーンが日本上陸

4月6日(木)3時13分 ナリナリドットコム

世界で505店舗を展開する台湾スイーツのチェーン「MeetFresh 鮮芋仙」が4月8日、日本に初上陸する。第1号店となる日本本店がオープンするのは、東京・赤羽だ。

「MeetFresh 鮮芋仙」は、伝統的な製法で無添加・手作りの王道台湾スイーツを提供するチェーン。現在、台湾12店舗、中国459店舗、韓国10店舗、アメリカ2店舗、オーストラリア12店舗、ニュージーランド5店舗、ベトナム3店舗、カナダ2店舗を展開している。

同店で提供するのは、「甘味処にある、日本を代表するデザートのあんみつやおしるこによく似た安心感と安定感のあるスイーツ」とのこと。

芋から作ったカラフルでもちもちとした「芋園(イモエン)」シリーズ、台湾のハーブ(仙草)で作ったゼリーのデザート「仙草(センソウ)」シリーズ、大豆から丁寧にとった豆乳で作る台湾人のソウルフード「豆花(トウファ)」シリーズ、規格外のボリューム満点な「かき氷」シリーズ、台湾発祥のタピオカミルクティーなど「ドリンク」シリーズなど、メニューも充実だ。

ナリナリドットコム

「台湾」をもっと詳しく

「台湾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ