「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の5つの違いとは?

4月6日(土)21時30分 yummy!

不倫はいけないことだとわかっていても、だからこそハマってしまう人もいます。
でも、その不倫によって幸せになれる人と不幸になる人にはいくつかの違いがあります。
今回は、「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の違いについて解説していきます。

「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の違い1 結婚をゴールと考えるか否か


不倫関係を、幸せを感じられる関係にできるかどうかは、「今が幸せであればいい」と考えるかにかかっています。
不倫をして不幸せになる典型的なケースが、「離婚するといっているのに、なかなか話が進まない」と、先のことを考えて不安になってしまうパターンです。
今目の前に好きな彼がいるのにそのことで幸せだとは考えず、「彼が離婚して、私と結婚すること」が実現しないと幸せにはなれない、と考えるタイプの女性は、不倫を不幸なものにしてしまいがちです。
好きな人が結婚しているのは耐えられないという女性や、結婚願望の強い女性は、不倫をしても不幸になるケースが多いため避けた方が良いでしょう。

「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の違い2 独占欲が強いか


彼が妻と生活していることに嫉妬したり、夫婦でセックスしているかどうかが気になってしつこく確認したりする独占欲の強い女性は、不幸な不倫に陥りがちです。
彼には家庭があるので、離婚しない限り、絶対に独占することはできない存在です。
独占欲が強い女性が不倫すると、常に独占できないことへのフラストレーションがつきまとうことになります。
「恋人には自分1人を見て欲しい」「他の女性と性的関係を持って欲しくない」と強く感じている女性は幸せな不倫は難しいと言えるでしょう。

「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の違い3 恋愛だけが全てと考えるか否か


仕事や趣味が充実していて、恋愛は人生の一部だと考えている女性は、不倫相手との恋愛を楽しめます。
一方、仕事がつまらなかったり、打ち込める趣味もなかったりする女性は、恋愛が全て、になってしまいがちです。
そういった女性が不倫をすると、100パーセントの情熱を彼に注いでしまい、家庭のある彼から同じくらいの気持ちが返ってこないことにがっかりしてしまうでしょう。
つまり、人生において恋愛の比重が大きい女性は、不倫に対してストレスを抱きやすいと言えるのです。

「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の違い4 立ち直る強さがあるか否か


恋愛や結婚、不倫には終わりがある場合もない場合もありますが、不倫というものは数年で終わりがくることの多い、短命の終わりがちな恋愛です。
幸せな不倫をできる女性は、別れをしっかり悲しみ、受け入れ、立ち直ることができる女性です。
一方、不幸な不倫をしてしまう女性というのは、別れから立ち直れず、何年も恨みを抱いたり後悔したりする女性です。

「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の違い5 被害者・加害者という意識があるか


不倫は、どちらかが独身だと嘘をついて始めたのではない限り、両者に関係の責任はあります。
既婚者ということが分かったうえで恋愛関係に発展した場合は、既婚者側がズルいわけでも、独身者側がそそのかしたわけでもありません。
ふたりは共犯者なのです。
共犯者だという認識がなく、「私は被害者」という意識になってしまうと、不倫をすることで不幸になってしまう可能性が高いでしょう。

さいごに


今回は、「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の違いについて解説しました。
恋心は誰にも止められません。どうせするなら、幸せになる不倫をしましょう。
(今来 今/ライター)

yummy!

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ