またアメリカがやりおった。スパゲティをドーナツ型にした「スパゲティドーナツ」を爆誕させるとかいう始末

4月8日(土)14時30分 カラパイア

top

 日本のラーメンをバンズとし、ラーメンバーガーなるものを創作して注目を集めたアメリカの食品業界にて、今度はパスタをアメリカナイズした新たなメニューが登場し話題となっている。

 この商品は4月1日にニューヨークで開かれた食品市場でお披露目された。なんとそれは、パスタの人気メニューをドーナツ形に成型して作った「スパゲティドーナツ」である。

 ピザよりも気軽にテイクアウトでき、片手でパスタ料理が味わえるという利点をもつこの商品は、アメリカ人のハートをつかんじゃったらしいんだ。

【伝統のパスタ料理をドーナツ形に】

 先日、ニューヨークのブルックリンに店を構えるPop Pasta(ポップパスタ)が伝統的なナポリ料理スパゲッティパイにインスパイアされたユニークなドーナツをお披露目し、食品業界にインパクトを与えている。

fo1_e
image credit:Scott Lynch/Gothamist

 このメニューを編み出したのはPop Pastaの創始者でイタリア出身のフィオレンティーノさん。彼は常に革新的な創造に取り組んでおり、伝統料理であるスパゲッティパイを利用し新メニューを作りたかったという。

food1_e
image credit:Scott Lynch/Gothamist

 その伝統的なスパゲッティパイ(frittata di spaghetti)とは、残ったパスタ料理などにチーズと卵をからめ、フライパンを使いたっぷり目のオリーブオイルで焼いたものだ。形はパイのような円型で、スパゲッティオムレツとも称される。

スパゲッティパイ
E3HzrMw_e
image credit:imgur

 フィオレンティーノさんはこれを応用して、ドーナツ型のスパゲッティを作り上げた。形はドーナツそっくりでも調理法はドーナツとは異なるそうだ。

go2_e
image credit:Scott Lynch/Gothamist


【パスタが持ち運び可能な携帯食に進化】

 Pop Pastaはこの商品はスナックや簡単な昼食にも便利で、ピザのように手が汚れず、片手で持ち歩けるとアピール。常温でそのまま食べることもできるが、自宅で温め直してもおいしくいただけるという。

 メニューのほうは現在のところアーリオオリオ、レッドソース、ズッキーニ、カルボナーラ、ボロネーゼの5種で材料はこんな感じ。

カルボナーラ・ポップ
・スパゲッティにパルミジャーノ(チーズ)、卵、ベーコン、黒コショウ、塩
pop4_e

アーリオオリオ・ポップ
・スパゲッティにパルミジャーノ(チーズ)、卵、オリーブオイル、ニンニク、レッドペッパー、黒コショウ、塩
pop1_e

ボロネーゼ・ポップ
・スパゲッティにパルミジャーノ(チーズ)、卵、牛ひき肉、トマトピューレ、オリーブオイル、ニンニク、塩
pop5_e




【さてお味のほうは?】

 なお気になるお味のほうは不明だが、商品へのコメントは色々だ。イタリア料理がドーナツ型なんて!という声もある一方で、スパゲッティパイを知る料理専門家の中には、味自体はおいしいのでは?とのコメントもある。とすると実際はイケるのかもしれない。

 ラーメンをハンバーガー、寿司をタコス、パスタをドーナツにする奇想天外なアメリカのフード業界。これまでの異文化料理の概念を覆すファストフード化は今後も加速していきそうだ。


via:gothamistfoodiggitygeekologielaughingsquidinstagrampoppasta・translated D/ edited by parumo

カラパイア

「ドーナツ」をもっと詳しく

「ドーナツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ