寝る前5分!ダイエットになる簡単なストレッチ

4月9日(火)20時45分 All About

寝ている間も痩せると聞いたら、興味がわきませんか? それもハードな運動ではなく、ストレッチと聞けば、なおさら試してみたくなりますよね。ここでは寝る前5分で簡単にできるストレッチをご紹介します。

写真を拡大

寝る前5分のストレッチで脂肪燃焼持続が可能!

疲れが溜まってくると、自然と体を伸ばしてストレッチをしていませんか? これはごく当たり前の事。体が酸素を欲しがり、筋肉が伸ばされるのを待っているからです。

例えば、デスクワークで疲れた腕や肩、首など疲労した筋肉は縮んで血行が悪くなり、コリの原因に。また、猫背も疲れを増長させます。体が疲れてくると自分の姿勢を保つ筋肉も疲労し、背中が丸まり、あごがあがるような姿勢に。今のあなたの姿勢は大丈夫ですか?

この姿勢のままだと胸が閉じ呼吸が浅くなり、体内の酸素循環も悪くなり、血行不良から疲れが抜けず、いつもだるい……と言った症状が出る原因に。このだるさを改善するにはストレッチがオススメですが、だるさ改善だけでは、お得感に欠けるので、ここでは体脂肪も燃やし、なおかつ寝ている間もその効果を持続させるストレッチをご紹介します。

代謝をよくするには、酸素と大きな筋肉を動かす事がポイントです。そこで、まず胸周りの大胸筋をほぐし、呼吸を深め体内に酸素が循環しやすい環境を作ります。次に、下半身の大きな筋肉群、大臀筋や大腿四頭筋(太もも前)、ハムストリングス(太もも裏)をストレッチしながら、体全体の代謝を上げていきます。

では、早速ご紹介しましょう。


基本のストレッチ

大胸筋は、その名の通り胸の筋肉ですが、ここが硬くなることで肩が内側に引っ張られ、胸が閉じ呼吸が浅くなります。さらに、肩が引っ張られるため首、肩周辺も引っ張られ、体の裏側のコリに繋がります。肩こりが酷いと思う人は、デコルテ辺りをさすり、痛いようであれば凝っている証拠です。そんな人はまず、デコルテ周辺を緩めるようにしましょう。

  
片手を壁につけ、肩を前に出すようにして胸をゆっくり伸ばしましょう。呼吸は、ゆっくりと深いペースで10回ほど繰り返しましょう。反対側も同様に。左右2セットくらいを目安に。

寝ている間も痩せるストレッチver1

夜になると1日の疲れが下半身に全部来ている?と思えるほど、重く、だるく、むくみがちになります。そこで股関節周辺、鼠径部、脇腹などをゆっくりと伸ばし、疲れを残さないようにするストレッチをご紹介します。体を真横に倒すには、腹筋、背筋が必要なので、このストレッチを続ける事でウエスト周りもスッキリしてくると思います。

  
1.床にお尻をつけ、骨盤がまっすぐ立つ位置で足を広げましょう。骨盤が立ちにくいという人は、お尻の下にクッションなどを入れ、立たせるように工夫しましょう。この時、お腹と腰で押し合うように意識すると、骨盤が立ちやすくなります。

  
2. 息を吸いながら、背筋を伸ばし、息を吐きながら、ゆっくりと体を右側に倒しましょう。伸ばした左手は耳の横に。顔の前に来ると、腰が丸まってしまうので、なるべく遠く長く腕を伸ばすイメージで。
   
3. 息を吸いながら、正面に戻り、息を吐きながら、ゆっくりと体を左側に倒しましょう。

左右15回ずつを目安に繰り返しましょう。

寝ている間も痩せるストレッチver2

この動きでは、スクワットした状態で同じように体側を伸ばし、呼吸を深め、代謝を上げていきます。立つ姿勢で行うことで、下半身の筋肉をほどよく刺激していくので、ストレッチと筋力アップには最適な動きです。

  
1. 足幅はかかとの真上に膝がくる位置に、肩幅よりも大きく開きます。この時も、骨盤がまっすぐ立つように、尾てい骨を真下に向け、お腹と腰を押し合うように意識しましょう。また、膝が閉じないように、足の小指をしっかり床につけて。

 
2. 息を吸いながら、膝に置いていた腕を耳の横から頭の先に伸ばし、背筋を伸ばし、息を吐きながら、ゆっくりと体を右側に倒しましょう。

 
3. 息を吸いながら、正面に戻り、息を吐きながら、ゆっくりと体を左側に倒しましょう。左右15回ずつを目安に繰り返しましょう。

いかがですか? 呼吸が深まるにつれ、体がどんどんと伸びて、ほぐれるのが分かると思います。このストレッチを朝に1セットすれば、午前中の代謝が上がり、仕事がはかどります。夜に1セットすれば、1日の疲れが取れ、熟睡できるはずです。ぜひ、自分のペースでストレッチを習慣にしてみて下さい。体も気持ちも変わってくるはずですよ。
(文:森 和世(エクササイズガイド))

All About

「ストレッチ」をもっと詳しく

「ストレッチ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ