大阪の老舗珈琲メーカー「HAMAYA」とコラボで関西らしい「濃い珈琲」味の“もちふわ”どら焼き誕生!4月18日から大阪国際空港限定販売

4月10日(火)10時0分 @Press

株式会社 叶 匠寿庵(かのう しょうじゅあん、本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:芝田 冬樹)は空港をコンセプトにし、もちもちふわふわ食感の生地でつぶ餡を包んだどら焼き「うわのそら」を大阪国際空港限定で2018年4月18日(水)から販売します。大阪の地元企業コーヒーロースター「ハマヤ株式会社」とのコラボ商品“珈琲味”と、“プレーン”の2種を展開し、大阪国際空港での叶 匠壽庵の商品販売は初めてとなります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/153777/LL_img_153777_1.jpg
「うわのそら」イメージ


商品ページ : http://www.kanou.com/archives/5297
叶 匠壽庵 公式ホームページ: http://www.kanou.com


■オリジナルの食感「もちふわ」で「うわのそら」状態に
もちもちふわふわの生地で丹念に炊き上げた北海道産小豆のつぶ餡をたっぷりと包んでいます。「うわのそら」とは平安時代から恋心を表す時にも使われていた言葉で「心が奪われて他に気が向かない」という意味です。当商品は「うわのそら」になるほど美味しいどら焼きを、関西の旅を思い浮かべながら味わうというコンセプトのもと誕生しました。


■関西らしい「濃い珈琲」を味わえるHAMAYAコラボ商品
「うわのそら(珈琲)」の為に10種類をブレンドした完全オリジナルの珈琲豆を生地に使用しており、ぎりぎりまで細かく豆を挽くことで“もちふわ”食感に仕上げた新発想のお菓子です。ブラジル、コロンビア産の豆を使用した濃縮珈琲も使用し、より珈琲の味を生地にとじこめています。
大阪の地元企業コーヒーロースター「ハマヤ株式会社」は創業以来「素材と製法への徹底したこだわり」を理念に掲げられ、当社の理念と共通する点があります。地元企業とコラボレーションすることで関西を一緒に盛り上げていくという共通目的のもと、当商品が実現しました。


■商品概要
商品名 : うわのそら、うわのそら(珈琲)
価格 : 5個入 1,080円 8個入 1,728円(税込) 2種共通価格
賞味期限 : ご購入より15日程度
販売期間 : 2018年4月18日(水)〜
販売店舗 : 大阪国際空港内 関西旅日記・17番ゲート内
他店舗、順次販売開始予定

叶 匠壽庵 公式ホームページ: http://www.kanou.com
叶 匠壽庵 公式Facebook : https://www.facebook.com/kanou.s
叶 匠壽庵 公式Instagram : https://www.instagram.com/sunainosato_kanou/


■株式会社 叶 匠寿庵 概要
(1) 商号 :株式会社 叶 匠寿庵
(2) 代表者 :代表取締役社長 芝田 冬樹
(3) 本社所在地 :滋賀県大津市大石龍門4丁目2-1
(4) 設立年月 :1958年9月
(5) 主な事業の内容:和洋菓子の製造・販売、一般飲食業
(6) 資本金 :7,980万円


■商品に関するお問い合わせ
株式会社 叶 匠寿庵
本社お客様センター:0120-257-310


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「空港」をもっと詳しく

「空港」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ