“酒鬼薔薇事件”再びか、20年前のアノ場所で…! 公安関係者「Aの遺伝子を継いだ者がいる」

4月13日(木)8時0分 tocana

※画像は、Thinkstockより

写真を拡大

「酒鬼薔薇聖斗」を思い出さずにはいられない。今月9日、神戸市須磨区にある中学校で戦慄の事件が起きた。午後0時40分ごろ、この中学校の体育館裏の高さ約85センチの木の枝にカラスの頭部が刺さっているのを男子生徒が発見。兵庫県警須磨署は切り傷が直線的であることから、人為的に切断されたものを何者かが刺したとみて、建造物侵入などの疑いで調べている。

 同署によると、現場周辺に血痕などはなく、カラスの胴体も見つかっていない。6日に学校の職員が見回った時には異常はなかったという。

 現場の中学校は1997年の児童連続殺傷事件で、殺害された男児(当時小学6年)の頭部が置かれていたことで知られる。犯人は当時14歳だった男子中学生。「酒鬼薔薇聖人」を名乗り、その後「少年A」と呼ばれる人物だ。近隣住民は「20年前のあの事件を思い出してしまった。あの時も最初は猫の惨殺死体が何匹も発見され、その後人間にエスカレートしていった。“第2の少年A”が現れないか心配だ」と不安を口にする。

“酒鬼薔薇事件”の時は、当局は早々と少年Aをマーク。付近でも「Aが首から籠をぶら下げていて、そのなかに猫の目玉が入っていた」「嬉しそうに動物を殺したことを喋っていた」などの異様性が目撃されており、犯人を絞り込むのは比較的容易だった。しかし、今回は現時点で不審な人物の目撃談は皆無。別の地域で切断したカラスの死骸を、わざわざ同校で投棄した可能性もある。

 社会部記者は「少年Aが2015年6月に手記『絶歌』を出版したことで、20年前には生まれていなかった人も事件の詳細を知ることになった。現場の中学校はいわば事件の“象徴”。この学校でカラスの死骸をさらせば、世の中が騒ぐと計算した上でコトに及んだ可能性がある。猟奇犯というより、愉快犯に近いかもしれない」と話す。

 とはいえ、少年Aのような異常人格者である確率も排除できない。少年Aは「絶歌」出版に合わせて、しばらくの間ホームページを開設していた。そこでは読者がAと直接メールでやりとりできた。公安関係者の話。

「理解に苦しむことだが、Aには“信者”のようなファンがいる。彼らはホームページが削除されたあとも、Aと連絡を取り続けている。今回のような事件を聞くと『Aの遺伝子を継いだ信者の仕業では…』と一瞬考えてしまうことがある」

 悪夢が現実のモノにならなければいいが…。

※画像は、Thinkstockより

tocana

「事件」をもっと詳しく

「事件」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ