《脈あり》一気に恋人候補になれるLINEのタイミングや内容

4月14日(日)9時0分 ハウコレ



こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。過去にも数回に渡って、LINEテクニックを紹介してきました。


今回は、片思いの男性がいる人に向けて、一気に恋人候補に踊りでる、男性心理をついたLINEを考えてみたいと思います。タイミングや内容など、チェックしてみてくださいね。


■1、本音の「会いたい」をLINEする

女性から「必要とされている」という感情を持たれることは、男にとって大好物(笑)。


じゃあ、LINEの中で、簡単に「必要とされている」ことを相手に伝えるにはどうしたらいいと思いますか?そんな難しく考えなくて大丈夫。その答えは「会いたい」。


「必要とされている」=「会いたい」というシンプルな方程式を思い浮かべてください。


相手の関係性の深さによって「会いたい」表現の度合いは変わりますが、LINEのさいごに、「早く会いたいな」や「また、早く会いたいですね」、もう少し丁寧に言う相手なら、「早く、会えるの楽しみにしてます」こんな簡単な言葉をつけるだけで、男は、とても嬉しいんです。


■2、会話の中で、相手の名前を呼ぶ

 これは一気に、相手との距離を縮めるテクニックです。一番いいのは、「ニックネーム」。間違いなくLINEを送るときは、「○○くん」「○○さん」をつけて、送る方が親近感をおぼえます。
 これだけでもいいのですが、さらに上を行くなら、この「○○くん」のところを、ニックネームに崩してみると、より距離は縮まります。


 ただ、実際、飲み会や合コンの場でその呼び方をしたことがあって、相手もそれを把握している必要があります。


 その工程を踏めば、LINEで使っても「嫌ななれなれしさ」は出ません。むしろ距離が近くなり、好意を抱きやすくなるので・・・じわじわ効果ありますよ。


■3、LINEを送るタイミングも意識

次は、タイミング。これは恋愛における駆け引きともいえます。


まずはガンガンあなたからLINEを送るんです。内容は「今日は何してるんですか?」「お仕事お疲れ様でした」のような、特にそのLINEに深い意味は持たせず、「この人、俺のことが好きなんじゃないか」と相手の男が感じるもの。


そして、そんな男が優越感に浸るなか、彼からのLINEは1回既読スルー。これは、どんな男でも気になります。
「もしや、スマホ無くしたの?」などの色んな心配やら不安が頭をよぎります。これをやりすぎるのはよくないですが、1日寝かすくらいは丁度いいかもしれません。


そこから「ごめん、充電が切れてて」「ごめんなさい、スマホが調子悪くて」とレスがあったときの安堵感は半端ないです。


■4、グループLINEと個人LINEに差をつける

飲み会や合コンなどの定番「グループLINE」。こういうときって一旦、幹事が参加者をつなぎますよね。


ここから、気になる相手には絶対、個別にLINEすべきです。


女性のなかには何かと相手からのLINEを待つ人もいるでしょう。
でも、男も、グループLINEから抜け出して個別にLINEをもらうのは嫌じゃありません。逆に嬉しく感じます。




では、がっついた感じは見せずにどんな内容を送るのがいいのかというと・・・。
グループLINEでは、「とても楽しかったです!」的な感想LINEにとどめておいて、気になる相手の個別LINEには「今日はありがとうございました」としっかり感謝の気持ちを入れて、会話をスタートさせるといいですよ。


さらにそこで、ニックネームを呼びながらやりとりを続けると、なお良しです。


■おわりに:地味にLINEして、恋人にグッと近づこう 

顔の見えないLINEの世界で、より親近感を高めていくには、今回紹介したような、ちょっとした行動を意識してみるといいでしょう。


すごく当たり前でもあり、地味なアプローチだと思った人もいるかもしれませんが、これを継続させることで、徐々に効いてきますから。ぜひ、トライしてみてください。      
ツイッター(@tetuya_1976)でも情報発信しています。気軽にのぞいてみてください。(TETUYA/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「LINE」をもっと詳しく

「LINE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ