ダイオウグソクムシ先輩たちのお食事シーン。深海でむさぼるように食べていたものは、なんと!!(メキシコ)

4月14日(日)16時30分 カラパイア

0_e4

 海生甲殻類の1種であり、世界最大の等脚目として知られているダイオウグソクムシは、深海200 - 1000メートルの海底に生息している「深きもの」だ。

 アメリカ・ルイジアナ大学海洋協会(LUMCON)は、深海でのダイオウグソクムシの生態を調べる為、ある生物の死骸を投入した。

 その生き物とは湖や沼地なら捕食上位に君臨するワニ(アリゲーター)である。だがそれは生きていればの話だ。

 死んでしまえば、沈み込んだ海の底で食物連鎖の中に組み込まれ、ダイオウグソクムシにむさぼり食われる運命となる。

First-ever deep-sea alligator food fall


・強靭なワニのウロコをものともせず余裕でムシャパク

 ルイジアナ大学海洋協会(LUMCON)は、ワニ(アリゲーター)の死骸を2つ、メキシコ湾の海底に落とし、それが分解される様子を観察した。

 すると、強靭なウロコに覆われたワニでさえ、ダイオウグソクムシによってあっという間に食い尽くされてしまうのである。

6_e0


・死骸を食べる深海の掃除屋

 ダイオウグソクムシは、普段は石の下などに隠れているが、危険が迫ると丸まって身を守る。ダンゴムシによく似た海の生物だ。

 どちらもワラジムシ目の生物であるが、小さなダンゴムシとは違い、ダイオウグソクムシは体長20〜40センチ(最大で50センチの個体も)もあり、飽くことのない食欲で知られている。

 「深海の掃除屋」と呼ばれ、深海の底に沈んできたクジラや大型魚類の死骸や、弱った生き物を食べる。

 研究者によると、この大食漢っぷりは、エサに乏しい環境でも長期間生存するためのものである可能性があるという。

 7_e0

・深海の厳しい環境下で生きる彼らは飢餓に強い

 ダイオウグソクムシの体内は、ほとんどが脂質と脂肪だ。

 このようにしてエネルギーを蓄えておけるために、次のエサにありつくまでに数ヶ月、ときには数年かかったとしても、飢え死にせずに耐えられるのである。

 鳥羽水族館のダイオウグソクムシ個体「No.1」は、自ら断食をし、何も食べずに5年1か月間(1869日間)生き延びた。

 飼育環境下にあるダイオウグソクムシは、小食になってしまうのか、食欲がなくなってしまうのか、あまり食べない個体もいるようだ。


・深海では食欲旺盛

 だが住み慣れたメキシコ湾の深海底で暮らすダイオウグソクムシは違う。食欲がとんでもなく旺盛なのだ。

9_e0

 強力な下顎で、アリゲーターの硬い皮はおろか、骨にまで穴を開け、体内に侵入。ほかの腐肉食動物に警戒しつつ、おそらくは2ヶ月もあれば、アリゲーターの半分を平らげるだろうという。

 私も鳥羽水族館でダイオウグソクムシ先輩を見に行ったが、深海の先輩たちとは違いほとんど動かなかったな。やはり深海がホームグラウンドだからなのかな。体にかかる水圧がだいぶ違うもんな。

References: First-ever deep-sea alligator food fall / written by hiroching / edited by parumo

カラパイア

「深海」をもっと詳しく

「深海」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ