モラハラされている自覚があるのに別れられない理由

4月15日(月)7時30分 yummy!

お付き合いしている相手からモラハラを受けていて、辛い目にあっているのになぜか別れられない。
周囲は「もう別れた方がいいよ」というのに、関係が続くカップルもいます。
本人に自覚がないならまだしも、自覚があるのに別れられない理由は何なのでしょうか?原因を探り、解決法をまとめてみました。

モラハラされている自覚があるのに別れられない理由とは?


交際している相手や結婚相手にモラハラを受けているのに、別れられない人の多くは、モラハラを受けているという自覚がありません。
しかし本人に自覚があるのに、なぜか別れられないカップルや夫婦もいます。
なぜなのでしょうか?
⒈悪いのは自分だと思っている
モラハラを受けている自覚があるのに別れられないのは、モラハラを受ける時に「お前のために怒っているんだ」や「お前が悪いんだ」という言葉をあまりにも浴びせられ過ぎて、モラハラをしてくる相手ではなく、モラハラを受けている自分自身に問題があると思い込んでしまうからです。
長期間モラハラを受けることで自信を失ってしまいます。
⒉モラハラに慣れ過ぎている
モラハラをしてくる相手は、怒っている瞬間と優しい瞬間があるといいます。
アメとムチのような生活に慣れ、優しい瞬間にはモラハラを受けていることが嘘のように感じられるのです。
⒊別れるハードルが高い
モラハラを受けているという自覚があるのに、なかなか別れられないのは、特に結婚していたり、子供がいたりする場合です。
弁護士に依頼し、お金と時間と手間をかけて離婚に向かうのが大変で、面倒だと感じるからです。離婚は結婚以上にストレスもかかります。
⒋経済的な問題を抱えている
同棲しているなど、相手が生活費のほとんどを負担していて、経済的に頼っている場合にはモラハラをしてくるとわかっていてもなかなか別れられません。
もし別れても、その後にどうやって生活をしていけばいいのかがわからないからです。

モラハラされている状況は、どうしたら解決するのか?


モラハラされている相手と別れるには、どうしたらいいのでしょうか?
すぐに別れには発展せずとも、まずは以下のような方法を取ってみましょう。
⒈自分の気持ちに向き合う
モラハラされている期間が長くなってくると、自分の心が傷ついていることに鈍感になり、心が感じにくくなる可能性があります。
自分の心がどんなふうに感じているのか、ひとりになった時に紙などに書き出してみましょう。
⒉周りに助けを求める
ひとりで別れるのが難しい場合には、家族や友達などに助けを求めましょう。
例えば話を聞いてもらい、短期間でも友達の家に泊まることによって、気持ちが癒されるかもしれません。
⒊短期間でも離れる時間を持つ
ほぼ毎日のようにモラハラしている相手が急に心を入れ替えたように改善することはありません。
急に離れることはできなくても、まずは短期間でも離れられるようにしましょう。
離れてみて、心が解き放たれるのを感じるようにし、心が正常に戻る時間を確保するようにします。

モラハラされて傷つく自分をそのままにしない!


モラハラされている自覚があるのに別れられない理由は様々ですが、モラハラを受けている本人の心はひどく傷ついているはずです。
自覚しているのに行動を起こせないと思い込むのではなく、今からでも出来ることがあります。
行動を起こすのが難しい場合には、信頼できる人に助けを求めることから始めてみましょう。
(番長みるく/ライター)

yummy!

「モラハラ」をもっと詳しく

「モラハラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ