食物繊維は2種類ある!繊維の働きを知って「便秘解消」する方法

4月16日(火)17時30分 yummy!

女性が抱える体の悩みの中でも、とくに重大なのが「便秘」。
クーラーや冷たい飲み物で胃腸を冷やし、暖かくなる季節はとくに「便秘」しがちな季節と言われています。
これを解消するには食物繊維を摂取するのがよいといわれていますが、実は食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類が存在するのです。
これを上手に活用しなければ、いくら繊維をムシャムシャ食べたところで「便秘」が悪化する可能性も。
それぞれのはたらきと効果について、アンチエイジングアドバイザーで医学博士の川上智史先生にうかがってみました!

■ そもそもなぜ便秘になってしまうの?


女性に身近な「便秘」ですが、そもそものメカニズムを医学博士の川上先生に教えていただきました。
「食べたものは胃や十二指腸で消化されて、空腸、回腸で栄養素が吸収されます。その後、大腸まで運ばれて、水分を吸収されたものが便となるのです。この便が直腸まで運ばれ、排せつされるという仕組みです」(川上先生)
なるほど、食べたものが便になるまでの仕組みはわかりました。この過程で、どうして便秘になってしまうのでしょうか?
「まず理由の1つとして、大腸で水分を吸収しすぎてしまうことにより便が硬くなりすぎることが挙げられます。そして、もう1つに大腸の筋肉、大腸平滑筋(だいちょうへいかつきん)のはたらきが弱くなってしまうことで、便を押し出すことができなくなること。この2つが便秘の原因なのです」(川上先生)
その便秘の理由を解決するのが、2つの食物繊維というわけなんですね。

便秘解消にはやっぱり食物繊維


便秘解消には食物繊維がいいと聞きますが、実は2種類存在する食物繊維。
より効果的に便秘解消するには、どう使い分ければいいのでしょうか? 
●水溶性食物繊維
水溶性食物繊維とは、水に溶けやすい食物繊維。
便を軟らかくして、排出しやすくしてくれます。
食べたもの包み込むため、消化や吸収が穏やかになり、急な血糖値の上昇も防ぎます。
「肥満防止にもなりますし、コレステロールの作用を弱める作用もあるので、生活習慣病予防にもつながりますよ」(川上先生)
この食物繊維は、ストレス性の便秘(ストレスで腸が緊張し、大腸が狭くなる)に効果的で、りんご、こんにゃく、海藻類などの食品に多く含まれています。
●不溶性食物繊維
不溶性食物繊維はその名の通り水に溶けない食物繊維です。
溶けないということは、そのままの状態で大腸までたどり着くということ。
そして大腸壁を刺激することによって大腸の運動を促進してくれるのです。
体内で繊維の間に水を抱え込むことで質量が増すため、腸内からごっそり老廃物を押し出してくれる効果も。
クーラーや冷たい飲み物などで胃が弱るために起こる、夏の便秘に効果的です。
「また、不溶性食物繊維は途中で小腸を刺激することにより、免疫系の調節をしてくれることもわかっています。便秘の解消と同時に免疫系も強くなるため、健康の維持増進に役立つと言われています」(川上先生)
この不溶性食物繊維はごぼう、大豆、きのこなどの食品に豊富に含まれています。

効果的に摂取して春・夏も快便


川上先生によると、「便秘は直腸ガンの原因であるのと同時に、便臭が蓄積されることで口臭や体臭の原因にもなってしまいます。水溶性食物繊維、不溶性食物繊維両方を毎日摂取することを心がけて、快便生活を送りましょう」とのこと。
今日から弱った胃を労り、2種類の食物繊維を摂取することを心がけましょう!
(取材)医学博士 川上智史先生
(yummy!編集部)

公開日:2016年11月15日
更新日:2019年4月16日


yummy!

「繊維」をもっと詳しく

「繊維」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ