セブン‐イレブン、一日に必要な野菜の半分以上を摂取できるパスタを発売

4月17日(火)14時58分 マイナビニュース

セブン‐イレブン・ジャパンは4月17日から順次、「野菜と食べる冷たいパスタ! 蒸し鶏とトマトソース」(426円・税別)と「野菜を食べよう! 蒸し鶏とトマトのスープ」(341円・税別)を全国のセブン‐イレブン店舗で発売する。

両商品は、一日に必要な野菜(※)の1/2以上(野菜重量は調理前の数値)を摂取できる、健康にこだわった商品。

「野菜と食べる冷たいパスタ! 蒸し鶏とトマトソース」は、レタスや水菜、トマトなどの生野菜を使った冷製パスタ。自家製ソースには、甘味と酸味のバランスのよいトマトを使用している。レモンの酸味を加えることで、暑い季節でも食べやすいさっぱりとした口当たりとした。

「野菜を食べよう! 蒸し鶏とトマトのスープ」には、トマトやキャベツ、にんじん、玉ねぎなどの野菜を使用している。スープは、炒めた野菜と煮込んだ野菜の凝縮した旨みや味が楽しめるとのこと。人気のある素材・鶏むね肉の蒸し鶏に、チーズとキヌアをトッピングした。

※「健康日本21(第二次)」では、野菜摂取量の目安値を一日当たり平均摂取量350g としている

マイナビニュース

「セブン」をもっと詳しく

「セブン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ