モンキー・パンチさんが肺炎のため死去 『ルパン三世』は未完の大作に

4月17日(水)3時41分 おたぽる

『ルパン三世 単行本未収録作品集』(双葉社)

写真を拡大

『ルパン三世』の作者である漫画家のモンキー・パンチ(本名=加藤和彦)さんが、4月11日、肺炎のため死去していたことがわかった。81歳だった。


 2011年、展覧会「ルパン三世展」のオープニングイベントに出席した際には、『ルパン三世』について「ルパン三世は完全に完結しているわけではない」「いつか完結させたいんですけど」と話していたモンキーさん。昭和から平成にかけて、漫画にアニメと多くの人々を楽しませた『ルパン三世』だが、未完の大作となった。


 モンキーさんは、手塚治虫の作品に影響を受け漫画を書きはじめ、高校卒業後に北海道から上京。貸本出版社などで働きながら、弟の加藤輝彦氏と同人活動をしていた。アメコミの影響を受けた作風になると、マンガ誌「漫画ストーリー」(双葉社)の編集長の目に留まり、1965年に漫画家デビューを果たす。


「モンキー・パンチ」というペンネームは、新人時代に当時の編集長の命令で改名させられたものだったが、本人は気に入っていなかったという。しかし、この名義で発表した作品が大ヒットしたため、変えるに変えられなくなってしまった。


『ルパン三世』は67年にマンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で連載をスタート。人気作となり、その後TVアニメや劇場版など、幅広い世代を楽しませてきた。


 5月31日からは、『次元大介の墓標』『血煙の石川五ェ門』に続く劇場版「LUPIN THE IIIRD」シリーズの第3弾『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』の公開が予定されている。

おたぽる

「モンキー・パンチ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「モンキー・パンチ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ