【メッツァ続報】「ムーミンバレーパーク」エリアのオープンが2019年3月に決定〜! ムーミン一家のあの家や、おさびし山が再現されてるよ〜

4月17日(火)7時45分 Pouch[ポーチ]

Pouch でたびたびお伝えしている、埼玉県飯能市にオープン予定のムーミンのテーマパーク「メッツァ」

「メッツァ」はいくつかのエリアに分かれており、入場無料エリア「メッツァビレッジ」の開業日は2018年11月と先日発表されましたが、このたび有料エリア「ムーミンバレーパーク」が2019年3月にオープンすることが発表されました。

【「ムーミン屋敷」は行っとかないと☆】
自然豊かな土地に位置する「ムーミンバレーパーク」は、言うなれば “ムーミン谷” 。

こちらのランドマークとなるのが、ムーミン一家が暮らす「ムーミン屋敷」。空へとまっすぐ伸びた青い壁面と真っ赤な三角屋根のあのお家は、きっとあなたも1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「ムーミン屋敷」は、地上3階と屋根裏部屋、さらには地下室という構成。

地下室はたくさんの食糧が保管してある貯蔵庫で、1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋。そして3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋、屋根裏部屋はムーミンパパの書斎となっています。……というか、ミイの部屋があるのか! そこが1番ビックリ!

ムーミン一家やその仲間たちの存在を感じることができるよう、原作を忠実に再現しているという「ムーミン屋敷」は、真っ先に訪れたい場所のひとつといえるでしょう。

【楽しげなアトラクションがいっぱいです】
もうひとつの大きなお楽しみと言えば、やはりアトラクション

ムーミンたちと船に乗って冒険に出かける「海のオーケストラ号」に、ムーミン谷の仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられる「エンマの劇場」

そして物語を体感できる “冒険と思索の山” こと「おさびし山」には、自然を活かしたアスレチックやツリーハウスが点在。頂上にはおさびし山のシンボルとなる天文台がそびえ立っていて、湖を横断飛行するジップラインのスタート地点もあるんですって♪

【丸1日遊べますね!】
そのほか、エントランスにはムーミンの物語が書かれた「本」のゲートをくぐり抜けたり、パンケーキを堪能できるレストランがあったり、キュートなグッズが販売されていたりとお楽しみがいっぱいな施設も。

また、世界最大級の品ぞろえとなるショップがあったり、ムーミンの物語や原作者トーベ・ヤンソンの作品展示や映像上映があったりと、これまた楽しいお店やスペースがそろっている、地上3階建ての展示施設

さらには水浴び小屋や灯台など、ムーミンの世界を再現した絶好のフォトスポットまであって、朝から晩まで思いっきり遊べそう! 来年3月のオープンまで待ちきれないですね♪

参照元:プレスリリース、メッツァ、Facebook、Instagram@moominvalleypark
Photo:© Moomin Characters
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る

Pouch[ポーチ]

「ムーミン」をもっと詳しく

「ムーミン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ