魚介の"ワケあり”を破格で提供!門前仲町の海鮮系アウトレット居酒屋「◯魚」がコスパ最高!

4月17日(火)19時0分 Rettyグルメニュース

門前仲町に魚屋さんが直営する居酒屋がこの4月に新しくできて、とにかく安くて旨い!との情報を得ました。


まずは、とある日の午後、そのお魚屋さん「◯魚(まるっと)」に行ってみることに。








で、この日の晩御飯にと、お店でシマホッケの干物を買いました。








この大きなシマホッケ、これいくらだと思いますか?


1枚150円、2枚で300円ですよ。安いでしょ。


しかも、これがまたおいしいの。


なんで、こんなに安く提供できるのか、そのあたりをうかがうためにも海鮮居酒屋「◯魚(まるっと)」に予約を入れて、妻と一緒に行ってみました。


魚の世界にもアウトレットってあるんですね


少し早めに到着したので、シマホッケを買った魚屋さんをぶらぶらと眺めていると、今日もコスパの高いお魚が並んでいますね。








お店の女性「今日はもうほとんど売り切れちゃったんですけど」


僕「なぜ、こんなにお安いんですか?」


お店の女性「それは、アウトレット品を仕入れているからです」


僕「アウトレット? 魚の世界にもアウトレットってあるんですね」


お店の女性「そうなんです、たとえば尻尾がちょっと欠けていたり、サイズが違っていたりという理由で、流通しない魚がいるんですよ。でも、味はいいんで、そういう規格外の魚を安く仕入れているのです」


僕「あー、なるほど。そういうことなんですね」


いざ店内へ!


魚屋さんの隣にある居酒屋の入り口を進んでいきます。








メニューを見てみましょう。








お店の方におすすめを聞くと「カキフライ」とのことだったので、迷わず注文。


裏側にもメニューがありますよ。








それでは、「生わかめとしらす」もいただきましょう。それから、お酒は……。お酒もメニューが豊富ですね。








僕が瀬戸内レモネードサワー、妻が生レモンサワー。では、カンパーイ!








まずは、生わかめとしらす。








新鮮でおいしいですよ。


と、きましたきました、カキフライ。








うわぁ、想像以上に大きいです。顔と比べてみましょう。








これで580円はお安いと思います。しかし、これのどこがアウトレットなんですか?


「牡蠣の殻がちょっと割れていたりするだけでも正規品にならないんです」


なるほど、よく見るとほんのちょっと殻が欠けています。


いただいてみると、うーん、とっても美味しい!


お店の方から、日替わりメニューにある「刺身の7点盛り」もおすすめされました。








はい、気になっていたんですが、他のテーブルに運ばれているのを見ると、ものすごい量なんですよ。


食べられるかどうか心配だと言うと、ハーフというのがあるそうなので、お願いしました。








きましたよ!








わーっ、ハーフでもすごい量です。しかも7点じゃなく、10点盛りじゃないですか。これで1,580円というのはお値打ちですね。


どれも新鮮でおいしいですねぇ。


さらに、大根の竜田揚げをいただきました。これは違いますが、魚だけではなく、野菜もアウトレットのものを使っている料理もあるそうです。








店員さんが、お刺身に添えられていたツマに和風ドレッシングをかけて、出し直してくれました。








〆は、貝汁。








ワクワクしますね。


オープン!








貝がいっぱい!


なんと、貝の下には焼きおにぎりがありますよ。








おいしい貝のスープを吸った焼きおにぎりが絶品です。こ、これはおいしいです。大満足!


ぜひ、またうかがいたいです!










ライター紹介




下関マグロ
下関マグロ


山口県出身、昭和の真ん中ぐらいに生まれたライター。おもに散歩や食べ歩きについての記事を書いています。また、町中華探検隊という、みんなで町の中華料理屋さんへいくという、ゆるーい団体に所属し、町中華を食べ歩いています。 近著は『歩考力』(ナショナル出版)、『町中華とはなんだ』(リットーミュージック)などがある。



Rettyグルメニュース

「居酒屋」をもっと詳しく

「居酒屋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ