欧米発の美肌法! ミランダカーも実践「ドライブラッシング」とは

4月17日(水)17時30分 yummy!

世界的モデルのミランダ・カーが実践していると話題になった「ドライブラッシング」。
日本ではあまり聞き慣れませんが、欧米では“肌のデトックス法”として一般的に知られている美容法なのだそうです。
ツルツルの美肌になれるのはもちろん、セルライト解消にも効果的なんだとか。
オーガニックコスメを販売するニールズヤードレメディーズによると、2分間のブラッシングは、約20分間の有酸素運動に匹敵すると言われています。
知っておかなければマズいかも? 注目の美容法、「ドライブラッシング」についてご紹介します。

ドライブラッシングの効果その1:うるつや肌になれる


古い肌の角質層を取り除き、新しい肌の再生をうながします。
また、皮脂腺が刺激されることにより、皮膚の自然な保湿効果を促進。
乾燥を防ぎ、うるうるツヤツヤの美肌へと導いてくれます。

ドライブラッシングの効果その2:セルライトに効く


血液やリンパの流れが悪いことでできてしまうセルライト。
ブラッシングで、リンパ管や毛細血管を刺激することによって、血行を促進します。
冷えやむくみを改善するだけでなく、気になるセルライトの解消にも効果を発揮します。

ドライブラッシングの効果その3:安眠につながる


副交感神経の機能が高まることによって、リラックス効果がアップ。
質のよい眠りにつながり、朝もスッキリ起きることができます。
よい睡眠が、心と体の健康にも効果を発揮します。

「ドライブラッシング」のやり方


さまざまなうれしい効果があるドライブラッシング。
入浴前に行うのがオススメ。
このとき、必ず肌もブラシも乾いた状態で行いましょう。
時間は、全身で2〜3分間。力を入れすぎず、優しくブラッシングするのがポイントです。
さっそく、詳しいやり方をご紹介します。
●ステップ1:脚のブラッシング
1. 身体の先端から心臓へ向かってブラッシングをします。スタートは足の指先から。 
2. ふくらはぎ、膝裏へと移動していきましょう。
3. さらに、太ももから脚の付け根をブラッシングしていきます。
くるぶし、膝裏、足の付け根など、リンパ節のある部分は、くるくるとブラッシングするのが効果的です。
●ステップ2:背中・お腹のブラッシング
1. 肩甲骨周り、背中から腰にかけて上から下にブラッシングしていきます。
2. 続いて、ウエストラインへ。くびれを作るような感覚で、下から上へとブラシを動かしましょう。
3. 最後に、お腹全体を下から上に向かってブラッシング。さらに、おへそを中心に時計回りにぐるっと1周します。
お腹周りのブラッシングは、腸の動きを活発にする効果もあるので、便秘がちな方にもオススメです。
●その3:デコルテ・バスト周りのマッサージ
1. 肩やデコルテから、鎖骨下のリンパ節に向かってブラッシングします。
2. 続いて、背中に流れたお肉を寄せるように、肩甲骨からバストに向かって優しくブラシを動かします。
バスト周りをブラッシングすることによって、バストから流れたお肉を本来の位置に戻したり、バスト全体をリフトアップしたりする効果が期待できます。
ブラッシングの後は、ゆっくりお風呂につかりましょう。
ブラッシングによって、血行がよくなり、新陳代謝も上がっているので、いつもよりたくさんの発汗作用があるはず。
皮膚細胞にも、酸素や栄養が行きわたります。
血行がよくなっているので、ゆっくり温まるのはいいですが、長風呂には注意!

ブラッシングに最適なブラシの選びかた


植物由来の天然毛が最も適していると言われていますが、残念ながら日本では手に入りにくいのが現状です。
そこでオススメなのが、豚やイノシシなどの動物性ブラシ。
こちらは、大きさや形など豊富な種類がそろっているので、「心地いい」と感じるやわらかめのものを選ぶといいでしょう。
ただし、ナイロンなどの合成繊維を使っているブラシは絶対にNG! 
黒ずみの原因になってしまうので注意してくださいね。

1か月身体をなでることで効果を実感!


1回2〜3分でOKの簡単美容法。
個人差はありますが、4週間ほど続けると肌質やボディラインの変化に気づき始める人が多いよう。
お肌のザラつきや乾燥が気になる方はもちろん、セルライト対策にも効果的なドライブラッシング。
薄着になる夏に向けて、みなさんも取り入れてみてはいかがでしょうか。
(yummy!編集部)

公開日:2013年5月30日
更新日:2019年4月17日


yummy!

「欧米」をもっと詳しく

「欧米」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ