世界最大の飛行機『ストラトローンチ』が飛んだ

4月18日(木)21時30分 ガジェット通信

世界最大の飛行機『ストラトローンチ』が飛んだ

写真を拡大

4月13日、マイクロソフトの共同創業者である故ポール・アレン氏によって設立された米ストラトローンチ・システムズ(Stratolaunch Systems Corporation)社は、世界最大の飛行機『ストラトローンチ』の初飛行が無事終了したことを発表しました。

エンジンを6機搭載した双胴機の『ストラトローンチ』は、太平洋夏時間(Pacific Daylight Time)の午前6時58分にモハーヴェ空港から離陸。2時間半のテスト飛行では、最高速度時速189マイル(約304キロ)、最高高度1万7000フィート(約5180メートル)を記録しました。

Stratolaunch First Flight(YouTube)
https://youtu.be/VFHAz4AG-no

『ストラトローンチ』は、ロケットを空中発射することを目的に開発された飛行機です。中央翼は、ロケットの総重量226トンまで耐えることが可能です。

実際に『ストラトローンチ』が空中からロケットを発射する日がくれば、世界中でライブ配信されるかもしれませんね。

※画像とソース:
https://www.stratolaunch.com/2019/04/13/stratolaunch-completes-historic-first-flight-of-aircraft/

—— 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

—— 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ