ダメな男の損切りが遅すぎる女は、地獄をたくさん見ます【トイアンナのしくじり恋愛】

4月20日(金)11時0分 ハウコレ



こんにちは、トイアンナです。元彼にダメな男が多いことで残念ながら友人には有名で、いつも「お前は男を見る目がない」とお叱りを受ける人生でした。女目線でいきなり「ダメ男」なんてレッテルを貼るのも失礼ですね。きちんと定義いたしましょう。私の元カレには、下記のような方が多かったのです。


  • 暴力を振るう
  • 生活費を100%負担させる・・・・・・が家事はしない
  • 姑から守ってくれず、私を姑と一緒にいびってくる
  • 奨学金ではない借金が結構ある
  • 浮気をする
  • 処女厨・・・・・・なのに処女じゃない私と付き合ってキレる


というわけで、男性読者さんにも「こりゃダメ男」だとご理解いただけたのではないでしょうか。世の中、幸福の種類は少ないが不幸はバラエティに富んでおりますね。


わたくしの恋愛人生で最悪の瞬間は、生活費を貢いでいる男が浮気していたことに朝っぱらから気づいてしまい、そのままバイト先で泣きながら商品の発注作業をしたことです。お客様から「号泣しながら発注している店員がいて怖い」とクレームをいただきました。お客様、本当にあの時はすみませんでした!


■ダメ男に出会うのはよし、損きりが遅いから地獄なのだ

しかし、ダメな男というのは世に溢れており、どんな女性でも一度や二度はエンカウントしているはずなのです。自分の失敗続きがあまりにも情けなく、いちど素敵な殿方とばかりお付き合いしている友人のアプローチを観察させてもらったことがあります。


そのとき驚愕したのは、彼女たちの損切りスピード。
「この人、元カノのことを悪く言いすぎ。器の小さい男だからナシ」
「初対面で過去のトラウマを話すなんて、同情を引くことで女性をコントロールしたがっているんだろうな。近づかないようにしよ」
といった理由で、バンバン恋愛候補から外していきます。


これだけの理由ならまだ分かるのですが、もっと理不尽な損切りもしています。
「筋肉質の男性が好きだけれど、彼はハードゲイナー(※)だからやめておこう」
「ネコっ毛の人が好きだけど、彼は髪質が固いからなぁ・・・・・・ごめんなさい」
って、それ、彼の体質だからどうしようもなくない!?という理由でも即座に損切り。
そんなんでいいの!?という理由で彼氏候補を切っていく彼女らですが、とんでもなくモテます。なぜならセレクションを生き延びた男性は「俺こそ彼女に選ばれた男」と自信を持てるからです。


※ハードゲイナー ・・・ 筋肉がつきにくい体質のこと。ハードゲイナーでも努力次第でマッチョにはなれるので、それだけで損切りするのは尚早では・・・・・・!?と思わされます。


■「私が選んだ男なんだから、最高に決まってるじゃない」と言えるように

我々が「私のことを気に入ってくれる人なんて、そんないないだろうし」「せっかく好意を向けてくれているんだから」と男を損切りしないなら、ダメな男がセレクションに残ってしまいます。それに対してたとえ理不尽でもバッサバッサ損切りできる女性は、男に振り回されません。


もちろん、やたらと男を損切りしすぎるなら生涯独身の可能性も上がります。けれどそれでもいいと覚悟の決まった女の、なんとカッコいいことか。「私が選ぶ男は、最高と思える人だけ」と言い切れるなら、その恋愛満足度たるや他の追随を許さぬことでしょう。


そうそう、冷静に考えたら私たちって生涯独身でもいいんです。今は肩身が狭いかもしれないけれど、「●分の一は生涯独身」って統計がどんどん出ています。我らおひとり様が老後を迎えるころには、それに適したサービスが生まれているに違いない。


「好みじゃないから」とフェアじゃない理由でも、最高の男だけを厳選する。そういう女に、私はなりたい。離婚1年生、まだまだ修行中でございます。(トイアンナ/ライター)


(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ