BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「見た者は死ぬ妖怪」八尺様にも遭遇! ゆりやんレトリィバァが語った「3つの心霊体験」が本当に怖い!

tocana4月20日(木)7時30分
画像:写真:ゆりやんレトリィバァ
写真を拡大
写真:ゆりやんレトリィバァ

 人気急上昇中の女性ピン芸人・ゆりやんレトリィバァさん。その愛くるしいぽっちゃり体型と、「落ち着いていきや〜」「調子乗っちゃって」といったフレーズが話題に。2月24日に行われた『第47回NHK上方漫才コンテスト』で優勝し、女性ピン芸人初の快挙を成し遂げるなどノリに乗っている。今回のインタビューは同コンテストの翌日に行われ、ゆりやんさんの恐怖体験や、芸人ならではの裏話をうかがった。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/04/post_12916.html】

 ひとり芸No.1決定戦『R-1ぐらんぷり2017』の決勝に進出するなど、ブレイクの波が来ている女性ピン芸人・ゆりやんレトリィバァさんのコワ〜イ話とは?

■初めての恐怖体験

●1、カラオケ店2階での心霊体験


——このインタビューでは、恐怖体験など“トラウマ”になった出来事を聞いています。さっそくですが、「イヤだな〜」と思った心霊エピソードはありますか?

ゆりやん あれは、2013年春のことでした。怖い話は好きだったんですが、それまでオバケとかは見たことがなかったんです。でも、あるきっかけで“見えるようになった”というか、その半年間ぐらい不思議なことが続いて。最初は芸歴1年目で、単独ライブを初めて開催する時だったんですけど、お客さんの入場時に自分が歌っている音源を流そうと思って。で、歌をCDに収録するために、夜中の3時ぐらいに1人で大阪・難波の某カラオケ店に行ったんです。


——今日は明るい時間ですが、夜中のカラオケって怖いですね。

ゆりやん そしたら、2階の部屋に案内されて。ガチャって開けたら、なんか知らんけど、“ドアを開けておきたい”って、思ったんですよ。怖いとかじゃなくて、理由は分からないんです。


——直感で思ったんですか。

ゆりやん しかも、なんか奥の方がイヤで、できるだけ出口に近いところにいて、しばらく『忍者ハットリくん』の歌を歌ってたんです。

そしたら、隣の部屋から、壁伝いに

「ドン、ドン、ドン!」って聞こえてきて。

“なんやろ? 盛り上がってるんかな〜”と思ってて。で、単独ライブのタイトルが「あほあほレトリィバァ」だったんですけど、ハットリくんのメロディで「あほあほレトリ〜、あほあほレトリィバァ〜」とかって、1人で歌ってたんです。


——何かの呪文みたい(笑)。

ゆりやん そしたら、また「ドン、ドン、ドン、ドン!」って聞こえて、さらに音が大きくなっていくんですよ。私の部屋の机が「ガタッ」ってなるぐらい。で、“もう、はよ行こう”と思って、すぐCD焼いて出たんですけど……。

隣の部屋、誰もいなかったんですよ!


——うわぁ……。

ゆりやん 思わず、「イヤァーーーー!」と叫んで、走って逃げました。そのカラオケ店でアルバイトをしている先輩がいたんですけど、「こんなことあったんです」って話したら、「2階、ヤバイねん」って。


——その2階で過去に何があったんですかね?

ゆりやん ちょっと具体的な原因は忘れたんですけど(笑)。店員さんが掃除とかしてても、「2階は1人で行きたくない」って感じるらしいんです。お客さんからのクレームも2階が多かったとか。そういう怖い思いをしたのは、この時が初めてでした。

——その初体験は確かにトラウマになるほど衝撃的ですね。


●2、公園で八尺様に遭遇

ゆりやん これも同じ年の4月ぐらいの話なんですけど、先輩から「お花見行こう」って誘ってもらったんです。男の先輩3人と、私の計4人で、夜中の1時くらいに自転車で集合して。難波のとある公園に向かっている時、近くにスーパーがあったんですけど、「お花見しながらお菓子でも食べよう」と思いまして。私、自転車漕ぐのが遅いので、先輩2人が先に走ってて、私ともう1人の先輩が一緒に走ってくれてたんです。で、スーパー行く際に公園を横切ったら、滑り台があるんですけど、その裏に1人だけ女の人が立ってて。


——夜の公園に女性が1人でいるって、珍しいですよね。

ゆりやん なんでそれが女の人って分かったかって言うと、滑り台からはみ出てる部分が、肩から上が見えたのと、足元は白いスカートっぽいのが見えたので。髪の毛は黒のロングだったんですけど。そしたら、なぜかずっとピョンピョンと跳んでたんです。あと、何を喋ってるのか、歌ってるか分からないんですけど、なんか聞こえてきてたんです。


当時のビジョン。腕は滑り台。人差し指が女の人をイメージ。ピョンピョン跳ねていたという

——想像しただけでも、気味が悪い……。

ゆりやん “なんや、あの人?”と思ったんですけど、大阪って結構変な人が多いんで、先輩にも伝えずただ見てて(笑)。そこまで気にせず“変な人やな〜”という感じで、そのままスーパーに行ったんです。で、公園に戻ってきたら、もちろん時間が経ってるのでその人はいなかったんですけど、先輩に「さっきのあの人、どっか行ってますね〜」みたいに話をしたら、「何それ?」って言われて。


——えっ、先輩には見えてなかったってことですか?

ゆりやん 絶対に気付かないワケないんですよ。公園はみんなで同じように横切ってるし、声も聞こえてきてるし。滑り台も視界に入るはずなんで、見えてないワケないんです。だから、「なんで見えてないんですか?」って、先輩を連れて「この滑り台の裏に女性がいたんですよ」って説明したら、その先輩は身長が180cmくらいあるんですけど、滑り台のMAXの位置は先輩より高くて。肩から上が見えてたってことは、バリクソ、デカイ女の人やったっていう。


——うわぁ……。今、なんかゾワッとしました。

ゆりやん もう、「ギャー!」ってなって。先輩も「それはないわ〜。滑り台の上にのぼってたんじゃない?」って言って、1人がのぼってみたんですけど、どう考えても肩から上が見えるっていう立ち方は不自然過ぎるし。さらに言ったら、足元も見えてたんで、滑り台にのぼってるワケなくて。「めっちゃデカイ人やん!」ってなって。しかも、そんなにデカイ人やったら、話題になってるじゃないですか。あれはめっちゃ怖かったです。


ゆりやん その後、大阪のなんばグランド花月っていう劇場で怪談のイベントをやった時に「この前、公園で〜」ってさっきのエピソードを話したんです。その場に専門家の先生がおられたんですけど、「“それは八尺様”かもしれないですね」って。


——あー! 八尺様って有名ですよ。「ぽっぽっぽ」って言うんですよね。異常な跳躍力とか、足が速いって言われて、たしかにゆりやんさんが見た女性と特徴がピッタリです。

※八尺様は、身長が八尺(約2.4メートル)もある巨大女の妖怪で、むぎわら帽子をかぶり、「ぼ、ぼぼぼ ぽ、ぽぽぽ」という独特の笑い声を出して、若い世代の目撃者を追い回すといわれている。足も速く、車で逃げても追いつかれる。高速道路でも容赦なく追いかけてくる。『八尺様』を一度見てしまったら、死ぬまで呪われるらしい。

ゆりやん 「見たら終わり」とか言われているんですよね……。私は後ろ姿だから良かったんかな? あと先生は「100年ぐらい前に福島で封印されたけど、最近、全国で目撃情報がある」って、おっしゃってました。


■怪談イベントで怪現象「パンパン叩く手」

——初体験のカラオケと八尺様らしきものを見たのが、同じ2013年の春ってのも怖いですよね。

ゆりやん さらにそのイベントのエンディングで、先輩のガリガリガリクソンさんが「ある心霊スポットに行った時、自分に何かが入ってきて、ワケ分からんようになった」みたいな恐怖話を切り出して。お客さんがグーッと集中して聞いていたんです。その時、私がなんとなく客席の方を見てたら、

一番後ろの立ち見席に、1人だけ普通のオバちゃんがニコニコしながら手を叩いてたんですよ。

「パンパン」って。


——えっ、みんなジッと怖い話を聞いてるのに?

ゆりやん またベタなんですけど、終わってから「なんで手叩いてた人いたんですかね?」って周りの人に聞いたら、みんな「知らない」って言うんです。


——ステージからだと立ち見席は見えるはずですよね。

ゆりやん そうなんです。で、お客さんとしてイベントを観に来ていた先輩が、後ろの方に座っていたんです。その方に事情を話したら、「それ僕も聞こえた……」と。エンディングぐらいに、後方から「パンパン」って聞こえてきたらしいんですけど、「おかしい。こんな怖い話をしている時に『パンパン』って聞こえるワケない」って、思って怖くなったそうです。それで、周りの人の反応を見てたら、何人かだけがその音を聞いたのか、振り返ってたんですって。


——ってことは、気付いた人と、何も聞こえなかった人がいたんですね。それどんなオバちゃんだったんですか?

ゆりやん 遠いので顔はよく見えなかったんですけど、普通によく歩いているオバちゃんでした。髪型はボブというより、昔の松田聖子さんみたいな感じで。


——なんとなく雰囲気は想像できましたが……。

ゆりやん その怪談イベントは毎年やってるんですよ。去年の夏、先輩から「今度のイベントで、ゆりやんが前に見たっていう女の人の話していい?」と言われて、「どうぞ〜」って言ったんです。で、その先輩が、たまたまガリクソンさんの知り合いの方にお会いしたら、この前のイベントで話していた「ある心霊スポットで自分に何かが入ってきた」と言ってた時に同行してた方だったそうで。「ゆりやんがイベントで手を叩くお客さんを見て〜」と説明したところ、「あ……」と、驚いていたと言うんです。


——えっ、手を叩いていた女性に心当たりがあったんですか?

ゆりやん 同行した方の話によれば、心霊スポットへ向けて車で向かってた時、急にガリクソンさんの様子がおかしくなったそうで。行ったことない場所のはずなのに「そこに行ったらお墓あるから」と道案内し始めて、その通りに進んだら、ガリクソンさんがこうやって、

「パンパン」って手を叩いてたんですって。


——ちょ、ちょっと……怖すぎます! えっ、心霊スポットでガリクソンさんに憑依したものが、イベントで話した時に現れたオバちゃんだったってことですかね?

ゆりやん 私もそれで怖くなって。なぜか2013年だけ、立て続けにそんなことが起きました。仕事や健康面は問題なくて、むしろいい年でしたけど。


——よく、「霊感が強くなる時期は売れる」って言う人もいますよね。たくさんの霊を味方につけて“そのオーラをまとう”みたいな。

ゆりやん へぇ〜、そうなんですね。それからは特に、怖い思いをしたことはないんですけどね。


■ある意味トラウマになった出来事「マッサージ」

ゆりやん 私、NSC(吉本総合芸能学院)時代に角刈りだったんです。ある時、夜中にリハーサルが終わったので自転車で帰ってたら、前方に中国かアジア系のオバちゃんが立ってて。前を通ったら、めちゃめちゃ吐息混じりの声で「マッサージ」って言われたんです。


——その言い方だと、いかがわしい系のマッサージを想像しちゃいます。

ゆりやん 何人かいたので、“私ちゃうやろ”と思ったんですけど、さすがにちょっと引っかかって。もう1回、また通ったら、またボソッと「マッサージ」って言われて。角刈りだから“男性に間違われたのかな?”と思い、「すみません、さっきから『マッサージ、マッサージ』って言ってくれるんですけど。私、女です」って言ったんですよ。

——スゴい勇気ですね(笑)。

ゆりやん そしたら、そのオバちゃんは日本語があんまり分かってないと思うんですけど、めっちゃビックリしてて。カタコトの日本語で「カタチオトコ!」って言ったんです。“何やそれ?”みたいな。しかもその後、同じ場所を通る度に「あぁ、あの時の!」みたいなリアクションで、めっちゃフレンドリーに接してきて。“あんまりその道は通りたくないな”っていう、そんなトラウマ話もありましたね(笑)。

——今回は興味深いお話をたくさん聞かせていただき、ありがとうございました。


※写真:ゆりやんレトリィバァ

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

注目ニュース
スナック菓子の「カール」、中部以東での販売を終了 BIGLOBEニュース編集部5月25日(木)16時58分
明治は25日、スナック菓子「カール」の中部地方以東での販売を終了すると発表した。[ 記事全文 ]
ワンセグNHK受信料訴訟、水戸地裁は「所有者に支払い義務」…裁判所の判断割れる 弁護士ドットコム5月25日(木)14時40分
ワンセグ機能付き携帯電話の所有者に、NHK受信料の支払い義務があるかどうかが争われていた裁判で、水戸地裁(河田泰常裁判長)は5月25日、支…[ 記事全文 ]
実物にガッカリする人気若手女優3人を関係者が暴露! 超デカ顔、キャバ嬢メイク、異常な表情…! tocana5月25日(木)9時0分
テレビや映画、CMなどで旬なタレントたちが、リアルなその姿を露出するのが、毎日のように行われている芸能イベントだ。[ 記事全文 ]
幼稚園の娘が描いた「お弁当の図面」を完全再現 パパの愛情あふれる手作り弁当が話題に BIGLOBEニュース編集部5月25日(木)13時14分
「幼稚園の娘が『こういうお弁当にして!』と自ら図面を描いてきたので、注文通りのお弁当にした」——娘が描いた絵をもとに作ったお弁当の再現度が…[ 記事全文 ]
出会い系アプリで「美人局」被害…もし引っかかったら、どう対応したらいい? 弁護士ドットコム5月11日(木)9時53分
出会い系アプリなどを通じて、男性を誘い出して、「オレの女に手を出したな!」「人の嫁に何したんだ!」などと因縁をつけて、現金を脅し取る「美人…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 実物にガッカリする人気若手女優3人を関係者が暴露! 超デカ顔、キャバ嬢メイク、異常な表情…!tocana5月25日(木)9時0分
2 職場のストレス原因、40代後半は「給与」が最多 - 全体の1位は?マイナビニュース5月25日(木)10時27分
3 ワンセグNHK受信料訴訟、水戸地裁は「所有者に支払い義務」…裁判所の判断割れる弁護士ドットコム5月25日(木)14時40分
4 【マサイ通信】第74回:マサイ族の戦士が激写した「今どきのケニアギャル」写真集ロケットニュース245月24日(水)21時45分
5 偏頭痛治療薬、グレープフルーツ摂取で効能過剰の危険性もNEWSポストセブン5月25日(木)7時0分
6 スナック菓子の「カール」、中部以東での販売を終了BIGLOBEニュース編集部5月25日(木)16時58分
7 出会い系アプリで「美人局」被害…もし引っかかったら、どう対応したらいい?弁護士ドットコム5月11日(木)9時53分
8 自分を確立させること!女が「30歳まで結婚を待つべき理由」3つMenjoy![メンジョイ]5月25日(木)10時20分
9 2017年夏ボーナス・上場企業平均は72万8662円All About5月24日(水)8時5分
10 <白血病治療薬>ALS進行抑制 京大研、患者iPSで実証毎日新聞5月25日(木)3時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア