我慢ばかりの食事制限は逆効果。体の声に従って食事をしたほうが健康に良いとする説

4月22日(月)9時30分 カラパイア

weight-loss-2036969_640_e

 暴飲暴食がたたり体重計どーん!あかん、ダイエットだ……。
 そうなったらまずは食事を我慢するカロリー制限が王道だろうか。

 しかしある研究によれば、食事制限は、長期的にはBMI(体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数)や体重増につながるらしい。

 それどころか、食事を我慢するせいで、いつも食べ物のことばかり考えたり、食べることに罪悪感を感じ、ひいてはうつ病や不安神経症を引き起こすという研究結果もある。

 食事制限をすることで心が病んでしまう結果になるというのなら、どうすればよいのか?もちろん運動も大事だが食事も大事だ。

 最近、注目されているのが「直感的食生活(intuitive eating)」というものだ。そのココロは、体の声を聞いて、いつ、そしてどのくらい食べるべきかを把握するガイドにしようというものだ。
・体の声に従って食べたいものを食べる、我慢は必要なし

 「直感的食生活(intuitive eating)」の特徴は、他の数あるダイエットとは違い、食べたいものを食べるよう推奨する。食べてはいけないものなどない。

 また直感的食生活のコンセプトはシンプルで、食べるものや食べ方に関する込み入ったルールはない。

 それでは脂肪や砂糖たっぷりの高カロリー食品ばかりになってしまうと心配になるかもしれない。ところが、研究によるとそうはならないようなのだ。

 直感的食生活的に考えるなら、むしろ、食べたいものを我慢してしまう方が、結局はそうした高カロリー食品に手を出すことになるという。

burger-3442227_640_e
photo by pixabay

・ただし体重を落とす効果については曖昧な点も

 ただし「体重を減らす」という点については、直感的食生活が他のカロリー制限ダイエットよりも効果的であるかどうかははっきりしていない。

 だが、観察結果からは、直感的食生活を送る人は、そうでない人に比べてBMIが間違いなく低いことがわかっている。

 しかしカロリー制限をする人はBMIが高い傾向にあるおかげで、それと比較したところで本当に効果があると断言しにくいのがツライところなのだ。

 また8本の研究レビューからは、直感的食生活によって体重が減ったと結論づけられているものは2本しかないこともわかっている。

 さらに最近のレビューでも、16本の研究のうち、体重が減るとされているのは8本のみで、そのうち統計的に有意であったのは3本だけだった。

slimming-2728331_640_e
photo by pixabay

・心の健康を向上させる

 しかし直感的食生活のユニークなところは、体重を減らすことにだけ注目するのではなく、食べる理由にも目を向けていることだ。

 確かに痩せるという点について言えば効果ははっきりしないが、健康的な食生活をうながしてくれるというメリットを期待することができる。

 また直感的食生活が暴飲暴食を抑制してくれたり、外部環境や感情に左右されて食べてしまうようなことを防ぐという点については、きちんとした裏付けがある。

 ボディイメージを改善し、気持ちを前向きにさせ、自尊心を高めてくれるといった嬉しい効果だってある。

 それだけでなく、直感的食生活が、カロリー制限法に比べて、摂食障害を引き起こしにくいという証拠もある。

 こうした危険性が指摘される食事を我慢するダイエットとは対照的だろう。

breakfast-1663295_640_e
photo by pixabay

・まずは自分の体の声に耳を傾けよう

 直感的食生活に1つ難点があるとすれば、私たちは自分のお腹の空き具合を正確に把握できるということを前提にしている点だろう。

 だが摂食障害の人は、自分のお腹の空き具合をうまく認識できない可能性がある。したがって、このやり方が合わない人もいるのかもしれない。
 
 また自分の感覚にしたがって食べるというやり方が現実的ではない場合もある。

 たとえば、職場や学校で昼食時間が定められている、あるいは家で家族の食事時間が決まっているなど、食べる時間を自分の意思で決められない人だって大勢いるはずだ。

 お腹が空いたら好きなものを食べるというのは理想的だが、実際やるとなると難しい場合がかなりあるだろう。

 このように考えると、必ずしも誰にでも気軽にできる方法ではないのかもしれない。

 それでも、食べるタイミングや食べるものを周囲に決められてしまいがちな現代生活だ。もう少し自分の体の声に耳を傾けてみる価値は十分にあるだろう。

 無理に我慢することで心の健康を損ね、ひいては体の健康を損ねてしまっては元の木阿弥なんだから。

 とは言え、寝ようと思って布団に入るとすごい空腹に襲われるという私の場合は直感に従ったらやばそうだよな。不思議と朝起きると食欲は収まっているのだが、条件反射的な何かがついてしまったのだろうか?

References:Intuitive eating: a 'diet' that actually makes sense/ written by hiroching / edited by parumo

カラパイア

「食事」をもっと詳しく

「食事」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ