付き合ったら態度が一変!3つの例に見る男性の“恋愛観”とその対処法

4月22日(月)21時30分 yummy!

「釣った魚に餌をやらない」なんて表現がありますよね。
付き合う前は熱心に求愛していたのに、いざ付き合うと途端に興味が失せたかのように態度がしれっとしてしまうような男性のことを、こういう言葉で表しています。
できれば付き合う前も、その後もずっと熱烈に愛してくれるような男性を彼氏にすべきなんでしょうけども、そういう男性はあんまり多くないんです。
悲しいかなほとんどは、付き合ってから冷淡になってしまったり、場合によっては高圧的な本性を表すようになる男性ばっかり。
そこで今回は、付き合ってから態度が一変する男性たちによくある具体例と、同時にそういった男性の本性を、付き合う前に見抜くための方法について紹介していきましょう。

付き合ったら態度が一変する男性の特徴1 エネルギーの配分が苦手


恋愛を火にたとえると、男性の場合は最初から爆炎を燃え上がらせてしまい、後々になって薪が足りなくなって尻すぼみになるタイプが結構います。
筆者もどちらかと言えばそのタイプなんですが、これも傍から見れば「付き合ってから態度が変わっちゃった」って思われる一因なんですよね。
とにかく付き合う直前と、付き合うようになった直後で爆発的なエネルギーを消費してしまい、その後ガス欠みたいになっちゃうという、困ったバランス配分です。
こういう場合、男性には悪気があるわけではなく、あくまでもロケットスタートが原因だったというのが、ほとんどの場合の真相です。
つまり、男性自身のやり方のマズさがそもそも愚かなところで、女性の皆様に対しては「その節はご不便おかけいたしました」と平謝りするほかありません……。
恐らくですが、世間に多くいる「付き合ってから態度が違うじゃん」と思われている男性の多くは、この手の困ったちゃんです。
ただし、もちろんそれ以外の理由で性格が変わったように見えてしまう男性もいます。

付き合ったら態度が一変する男性の特徴2 セックスだけが目的


「セックスだけが目的だった」というタイプ。
セックスだけが目的だったという男性の場合、付き合ったらセックスができるということで、特段深く考えずに「付き合おう」と要求しちゃう場合もあるんです。
そういう男性にしてみれば、本望を果たせば後はどうでもいいということになり、一応付き合っているものの、既に別の女性の裸のことを考えてしまうんですよね。

付き合ったら態度が一変する男性の特徴2 セックスだけが目的


次に、「高圧的な本性を隠していた」というヤベぇタイプです。
そして一番キツいのが、付き合う前は優しかったのに、実際は物凄く高圧的で、DVの常習者だった、というようなタイプです。
悲しいかな、こういう男性は実在しています。
そして恐ろしいことに外面が良いため、滅多にその正体を相手に気付かせることはありません。
精神的、金銭的にも彼女を束縛する傾向も強く、まさに「出会ったが最後」な存在とも言えるでしょう。

付き合ってから態度が変わる男性は、こう見抜け!


さて。色々と問題を抱えている「付き合った途端態度が変わる男性」ですが、どうすればそんな地雷を踏まずに済むのでしょうか。
これについては、おおよそ付き合う前の態度に注目すると、ある程度回避する可能性は高まります。
たとえばあまりに熱烈、情熱的に愛情表現をしてくる男性は要注意です。
さきほど紹介したタイプのいずれであっても、最初はこうして女性に自分の好意を刷り込もうとします。
そしてそれにまんまと乗ってしまうと、大変なことになるわけです。
上手い話が自分からグイグイ擦り寄ってくることは、基本ありません。
なので「なんでこの人はこんなに必死に求愛してくるんだろう」と思うことも、ある意味大事になります。
また、カラダ目的だったり、支配的な恋愛をしたがる男性というのは必ず悪い噂が付きまとっています。
そういった男性を避けるためには、当人の周囲の人々とも仲良くしてみること。
それから最近では、SNSアカウントの過去のつながりなんかも洗ってみるといいですね。
このような努力を積み重ねることで、相手の本性を見抜く目が備わります。

おわりに


長続きするカップルって、愛情表現がやっぱり妥当というか、無理がありません。
最初からドーン! と恋愛のクライマックスを立て続けに見せ付けるような男性って、色んな意味で問題あります。
もしもその可能性の強い男性と遭遇したら、一応身構えておくことをオススメいたします。
(松本ミゾレ/ライター)

yummy!

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ