この人が好き…♡ 女性が本命男性に見せる態度

4月22日(木)7時30分 yummy!

好きな気持ちを堂々と口に出せる女性はさほど多くありません。だからこそ、態度で好意が滲み出ていることが多いです。女性は本命男性にどのような態度を示す傾向があるのでしょうか。

目次

1:無口になりがちなのに、日常のことは聞く

「どうでもいい人には軽口叩いたり、『はいはい、好き好き。』とか冗談で言えたりするんだけど、本命の人にはそういう軽口を叩けなくなっちゃいます。自信がないというかつい無口になってしまったりします。そして自分のことよりも相手のことを色々と聞いてしまいます」(26歳・女性)
「何を話していいわかからないのに、普段何をしているかとかそういう何気ない日常のことを聞いちゃいます。恋愛については……気持ちが伝わってしまいそうで聞けません」 (33歳・女性)
好きな気持ちが伝わって欲しくないと考える女性は多いです。ドキドキしすぎて会話はおぼつかないけれど、それでも相手のことを知ろうとしたり、会話も難しいと思う人はせめて視界に入ろうとしがちです。

2:至近距離で近づいて、無邪気な笑顔を向ける

「女性が本命男性にだけ見せる態度は、割とはっきりしています。好き避けは、若い時以外あまりないですね。まず、リラックスした状態でかなり至近距離まで来て、まっすぐ目を見て笑顔になる人が多いと思います」(44歳・女性)
「恋してる友達を見ると、赤ちゃんや可愛い動物を見たときのような笑顔を向けています。きっと自分もそう」(26歳・女性)
大人になるにつれ、様々な肩書きや責任、振る舞いを求められるようになります。ですが、好きな人の前ではそんなことも忘れて、ホッとしたような態度をとってしまうことが多いです。

3:様々なタイミングが合う

「一緒に歩くと歩調があうと思います。そばにいたい気持ちが歩くスピードに出ます」(27歳・女性)
「よく話を聞きます。愛想笑いや営業トークではなく、じっくり時間をかけて話を聞くし、何度もそういう状態になります。カフェとかでお話をすることが多いと思いますが、自然と飲むタイミングとかも合ってしまいます」(47歳・女性)
心理学用語でミラーリングと言いますが、好きだと思っている相手の仕草や動作が無意識に似てしまうことが指摘されています。あえて模倣することで、相手に好意を伝えて恋愛を優位に進める方法もあります。

4:相手の好みに見た目や中身を合わせる

「お付き合いするまでは、今までと服装のテイストを変えてみたり、使うことのなかった色のリップを塗ってみたり、柄にもなくお弁当を作ってみたりと、ちょっと無理をしていました」(46歳・女性)
「たまに女友達にも、『うわサムッ』って言われちゃうんですけれど、ちょっとでも趣味とか見た目を彼好みにするために頑張っちゃいます。そういう一面を、『無理しちゃって痛い』じゃなくて『背伸びして可愛らしいな』ととらえてくれる相手に出会えたら嬉しいです」(22歳・女性)
好かれたい思いから、彼好みの自分になろうと頑張る女性は少なくありません。「なんで?」「理解ができない……」という男性の声が良くあがりますが、強い好意だと思って見守れたら良いですよね。

まとめ

好きな人の前では、ついつい緩んだ姿になってしまう女性は多いですよね。男性も、態度から出ている脈ありサインをキャッチできると、恋愛成就しやすいかもしれません。
(神崎なつめ/ライター)

yummy!

「日常」をもっと詳しく

「日常」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ