「ネバネバしない納豆なんて邪道じゃないのか?」 話題の新品種開発元に聞いてみた

4月23日(木)6時0分 Jタウンネット

粘らない納豆で海外進出なるか

写真を拡大

「外国の方は、納豆を水で洗ってから食べるんです——」こう語ったのは、新しく「あまりネバネバしない納豆」を発売する納豆メーカー・朝一番(茨城県土浦市)の広報担当者だ。


コンセプトは、外国人でも食べられる納豆


納豆の持つ独特の粘りや発酵臭にマイナスイメージを持つ外国人は多い。その払しょくのため、茨城県工業技術センターが新しい納豆菌を開発した。その納豆菌を使用した新ブランド「豆乃香(まめのか)」は、粘りや糸引きが少ないのが何よりの特徴だ。


納豆製品の海外輸出を担当する朝一番の社員小河原一哲(かずのり)さんが発案し、筑波大学との協力を経て完成したものだ。栄養価に富んだ健康食として、海外進出を目指すという。「豆乃香」というネーミングには、発酵臭は「くさい」ではなく、身体に良い「香り」だという日本の食文化の誇りをこめた。


この豆乃香は、2015年1月に開催されたフランス・リヨンの国際食品見本市にも出品された。茨城県出身のシェフ・神保佳永さんが監修したフランス風の納豆料理を提供した。「これなら食べられる」と外国人にも好評で、連日2000食があっという間に完食したという。


ネットの反応は......


その一方で、「粘らない納豆なんて、ねば〜る君もお怒りだ」「ネバネバがあってこその納豆」「納豆って、あのネバネバがメインだと思ってたけどw」「納豆のあのネバネバの中に美味さが凝縮されているのに」と、ネットからは不評の声もある。


先述の広報担当者にこの点を伝えると、


「そのような意見があることは把握しています。しかし、あくまで外国の方に食べて頂けるような納豆をコンセプトに開発したものなので......」

とのことだ。その代わりに、粘りが少ないという特徴を活かしたおすすめのレシピを教えてくれた。市販のクラッカーに豆乃香とチーズを乗せ、塩を適量振ったもので、外国人受けも良さそうメニューだ。


「豆乃香」ブランドからは、プレーンタイプの「White」と、熟成時間を延ばしコクや深みを高めた「Red」の2種類が5月1日から発売される。どちらも内容量70グラムで、価格は200円(税別)。


基本的には通信販売での取り扱いになるが、茨城マルシェ(東京都中央区)でも提供されるという。

Jタウンネット

「納豆」をもっと詳しく

「納豆」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ